こと子の日々の暮らし方

夫婦と猫3匹との平凡な暮らしを日記代わりに綴っています

着物

雪花絞りが仕立てあがってきました。

昨年の12月に、以前からずっと欲しい欲しいと思い続けていた雪花絞りの浴衣地を買ったことを記事にしました。 hibinokurasikata.hatenablog.com 流石に、冬まだ寒い時期にお仕立てに持っていく気にはならず、 4月になるのを待って、桜が終わった頃にいつもの…

今年初、薄物でお稽古に。

梅雨の中休み? 今日は青天、気温32度の当地でした。 お茶のお稽古に出かけていて全く知らなかったのですけれど、珠洲市で大きな地震があったんですね。 春日神社の鳥居や石灯籠が倒れてしまったのだとか。 帰宅後、ニュースを見て驚きました。 日本に住んで…

矢鱈縞小紋に夏薊の帯でお稽古に

6月12日、入梅前のからりとした初夏のお天気、吹き抜ける風が心地いい一日でした。 今週半ばからは雨が続き、どうやら梅雨入りしそうな予報の当地です。 今日はお茶のお稽古。 一昨日の蒸し暑さほどなら少し早いけれど薄物の着物で出かけようか、と前夜思案…

紅花紬でお稽古に。

朝からぐんぐん気温が上がり始めていた今日、6月10日・金曜日。 最高気温 30度超えでした。 今日は午後からお茶のお稽古日、奥の点前の研究会の日、 さて、何を着て行こうか、 気持ちは薄物! ですけれど 流石に6月10日に薄物は少し気が早い。 温暖化で着物…

久しぶりのお茶会

コロナ感染が始まって以来 中止されていた大小さまざまなお茶会。 昨年 2021年の11月に久しぶりに開催されたのはお稽古している社中の毎年恒例のお茶会でした。 お稽古仲間は皆、お茶会に飢えているような状態だったので いつにも増して喜びも一入でした。 2…

単衣の江戸小紋でお稽古に。

約2週間ぶりの着物です。 朝はさわやかな風が時折吹き抜けて気持ちのいい初夏の風情だった今日、 6月4日。 6月最初のお稽古日でした。 午後1時からの稽古に間に合うように11時45分ごろから支度をはじめました。 メイク(と言ってもマスク生活になってからは…

今日の着物の組み合わせの肝は……

昨日に続いて今日もお茶のお稽古日でした。 昨日は月に一度の濃茶に特化したお稽古日。 午前・午後と濃茶の稽古だけを見て頂ける日です。 濃茶に特化した日は普段のお稽古ではなかなかできない奥の点前の稽古をさせて頂きます。 通常のお稽古日は一枠25分で…

大島紬でお稽古に 暑くて袷は無理でした。

久しぶりの着物。 いつ振りだったっけ?と振り返ってブログ記事で確認してみたら 4月30日以来でした。 えっ⁈ 3週間ぶり こんな事めったにないんですけど 実は5月に入ってお茶のお稽古の予約を入れていた日、 夜半からの酷い頭痛で1回お稽古を急遽お休みさせ…

4月最後の日、花菖蒲の帯でお稽古に。

今週、月曜日、無事に退院した母。 2月4日に意識レベル低下、血圧 上が50を切り白血球20000越えで緊急入院したのですが、その際の母が入所していた施設の対応にどうしても疑問が残り、 病院とも相談させていただいて退院と同時に違う施設に移ることになりま…

一つ紋付色無地に藤の帯でお稽古へ

昨日、一昨日と急に寒さが戻ってきて その前までの夏日から一気に気温が10度以上下がりました。 夏日の間、キュウリやトマト、レタスなどが食べたかったのに、 この二日間は食事もお味噌汁やスープが美味しかった。 と、今日は気温が例年並みに戻り、午後に…

白大島と更紗の帯でお稽古に

今日は午後から月に一度の研究会の日。 朝からぐんぐん気温が上がり、出かける支度をする頃には25度、 着替えをする部屋は2階の南側、窓のガラス越しの部屋はまるで温室のようで初夏を通り越して暑いくらいでした。 これなら単衣でも暑いくらいだわと思いつ…

蔦地紋の鮫江戸小紋で4月最初のお稽古へ。

昨夜から雨が降ったりやんだりしていた当地。 前日の天気予報の情報では「日曜日はかなりの雨風」だったけれど まるで(コロナワクチン大変やったし、やっと元気に復活したとこやからこれくらいにしといたるわ)とお天気が言ってるみたいに、 出かける時も帰…

白練り色無地に振袖帯でお稽古に

5月のような気温が3日ほど続いたかと思ったら また冷え込みがやってきました。 この三連休は菜種梅雨の京都でした。 先の三連休、初日の土曜日と最終日の月曜日がお茶のお稽古日、 初日は前回の記事でupしたくす玉の小紋に桜の帯、 一昨日の月曜日は白練りの…

くす玉模様の小紋に桜の帯でお稽古に。

東北に、また大きな地震がおきました。 11年前の地震とはメカニズムの違う地震だそうです。 11年が過ぎて、ようよう地震後の生活に慣れ、日常が戻ってきたとお感じになっていた方も大勢いらっしゃるだろう中での地震。 どうぞ、心が折れてしまっていませんよ…

小紋に静電気 ー 忘れちゃいけないエレガード

天気予報通り、朝から晴れて気持ちいいお天気。 花粉がかなり飛散しているのを感じました。 本来の勤務先とは別の、委託されている仕事先に朝から出かけていく夫を見送り 台所を片付け、洗濯物を干して、夫の夕食を支度して出かける用意を始めました。 化粧…

うーーーん、悩ましい

このところ、なんだかバタバタしてちょっと空回りしてるかも。 まもなく会長職の引継ぎを控えた自治会の諸事雑事。 義父母の体調不良(季節の変わり目で義母が体調を崩し、義母の体調不良でパニクッて義父が体調を崩す) 入院中の母の大部屋への病室移動、そ…

佐保姫の小紋に貝合わせの帯でお稽古に

佐保姫って? 春の女神です。 平城京の東にあるという佐保山に宿る神霊 お茶の世界では茶杓の銘などに使われます。 3月になって(茶の季節では)梅の花が終わり、桃や桜を連想させるお道具を使う季節になっています。 今日のお稽古、 お棚は私のお稽古してい…

桃の色の着物で3月最初のお稽古へ

ついのこの間お正月だったような気がするのに、気が付けばあっという間の3月です。 年度末の月ということで何となく気忙しい。 やらないといけないことが次々沸いてきて(見ないふり)して先延ばししています。 良くないですよね、「おしりに火がついてもや…

紅型小紋と昭和の帯で2月最後のお稽古へ

昨日、あれこれと準備してみた組み合わせで2月最後のお茶の稽古に行ってきました。 気温は昨日と同じ14℃くらいでしたけれど 今日は風があって少しひんやりしていました。 午後からのお稽古でしたので帰りのことを思い、首元から風邪をひかないように 大判の…

紅型小紋と古い帯 明日は2月最後のお稽古日 

気が付けばあっという間に2月も終わろうとしています。 今日は昼間の気温が13℃くらいまで上がり久しぶりに庭仕事がはかどりました。 バラの選定の時期なのですが(遅いくらい?)寒いと億劫になって重い腰がなかなか上がりません。 でも、今日は気持ちよく作…

柴田理恵さんの着物

好きな番組の一つに『徹子の部屋』があります。 ゲストに来られる方が普段は見せることのない表情をされたり 興味深いお話をされたりするのでずっと若い頃から見ていました。 芸能界にいる方ばかりではなくて様々な分野の方がゲストで呼ばれるのも魅力の一つ…

二日連続のお稽古にチョコレート色の小紋で。

夕方からやけに冷え込み始めたと思ったら雪がちらちら。 さっき外を見たら庭に雪が積もっていました。 冷えるはずです。 昨日に続き今日もお茶のお稽古に行ってきました。 今日はお薄点前をご指導いただく枠を取っていました。 (ちなみに昨日は台天目を一服…

源氏香の飛び柄小紋でお稽古に。

気が付けばあっという間に2月も19日になりました。 あと10日で3月がやってきます。 この間お正月だったような気がするのに、というセリフは年を取った証拠でしょうか? 2022年2月19日 今日は二十四節気の『雨水』でした。 雨水ーーー「降る雪が雨に変わり、…

着物の準備 源氏香の小紋

思いがけない母の緊急入院でお茶のお稽古をお休みしてしまっています。 いつどんな連絡があるかもしれない、とスマホを気にしながらの気持ちでは落ち着いてお稽古出来ないだろうと、理由はお話せずお休みをさせていただきました。 明日は2週間ぶりのお稽古。…

義母譲りの着物、似合ったのでびっくり!

義両親が長年住み慣れた家を出て夫婦そろって介護施設に入居したのをきっかけに 義母から様々なものを譲られました。 夫と弟の息子二人の母である義母、妹が遠方に暮らしているのですが 大切なものをいくつか私に譲ってくれました。 着物も数枚譲り受けたの…

持ち物の棚卸をする その2 帯締め

先日、帯揚げの棚卸をしたことを記事にしました。 hibinokurasikata.hatenablog.com 本日はその第二弾。 帯締めの棚卸をしました。 以前にも書いたことがあるのですが帯締めの収納は細長いOPP袋に1本ずつ入れて 和箪笥の浅い引出に並べてしまっています。 OP…

すみれ色の江戸小紋で2月最初のお稽古に。

2月4日、立春。 月に一度(1月をのぞいて)の奥のお稽古の日ですが 府外からのメンバーは大方の方がお稽古自粛でいつもの半数以下の人数での研究会になりました。 月に一度の奥の稽古、社中の中の会派、3つが、第一金曜の午前・午後、第一土曜の午前、と時間…

義母の着物 松青海波の付下げ小紋でお稽古に

気が付けばあっという間に1月も終わろうとしています。 例年、1月は宗匠が全国のお弟子さんのところへ初釜でまわられるので お稽古も月に2回程度、大先輩の高弟の方が代稽古をしてくださる、と決まっていたのですが、昨年・今年と地方での初釜に宗匠がお出か…

持ち物の棚卸をする その1 帯揚げ

記事を書こうとしたらなんだか「はてな」の動きが怪しいです。 もしかしたらまたバグ? 書いている途中で消えてしまうのかも、って一応下書きしてコピペすることにします。 自分の持ち物なのに何を持っているのか把握できていない、そんなことはないですか?…

黒地の着物が欲しくなる

きもの雑誌の『きものSalon』 その秋冬号をパラパラとめくっていたら【黒留袖 新フォーマルのすすめ】 という特集が組まれていて 黒地の訪問着や留袖が数ページにわたって掲載されていました。 それが、どれもこれもとても素敵でため息が出てしまいました。 …