こと子の日々の暮らし方

夫婦と猫3匹との平凡な暮らしを日記代わりに綴っています

京都は北陸の入り口?

先週の火曜日の夕方から降り始めた雪。

水曜日・木曜日を三日間、降っては止み、また降り出す、と言った具合で

木曜日に一旦、晴れて、これで雪も溶けるかなと思っていたら金曜日にはまた雪が降りました。

 

雪が降り積もっていた水曜日は買い物にも出ず、冷蔵庫にあるもので料理をしたのですが、木曜日には用があって、近所の郵便局まで長靴を履いて出かけました。

大きな道の南側にある郵便局の前の歩道には、雪が凍って道路が凍てついていて

道を歩く人が滑って転んだり、(無謀にも)自転車でやって来たおじいさんが

自転車も滑り、おじいさんも滑り、で身動きが取れなくなって

道沿いの商店の人が2.3人、出て来て助けてあげていました。

車道でも、凍った地面にタイヤを取られて空回りしているワゴン車がずるずると滑っていたりして、

めったに雪が積もったりしない地域で,慣れない雪に翻弄されている数日でした。

 

今日は1月最後のお茶のお稽古日。

大阪から通っているお仲間が

「京都についたらまだ雪が残っていてびっくりした、やっぱり京都は寒いんやね」と、

そこここに残っている雪のかたまりを見て驚いていました。

 

うちの夫に言わせると

「京都は北陸の入り口」だそうです。

確かに、

若狭街道を通って運ばれて来た鯖を、京都で加工して鯖寿司を作っているし

日本海の海の幸が運ばれていたのですから「北陸の入り口」も間違ってはないですよね。

とにかく、京都の冬は底冷えがします。

特に我が家は中途半端な日本家屋。

建具はふすまに障子がメインの家なので暖房効率がとても悪くて

家の中にいても寒いです。

時折、庭に出ると(えっ!外のほうが温かいやん)と思う事すらあります。

 

さて、そんな雪の残る中、今日のお稽古に着て出かけた着物。

 

 

チョコレート色の地に兎と疋田の雪輪、それに桜の花びらのような模様が染められた

正絹の飛び柄小紋

柄の中の淡いピンクの花びらの色に合わせて、八掛も同じような淡く少しくすんだピンクをつけています。

 

帯は、振袖の袖を短く詰めて訪問着に仕立て直した際に切り取った袖を

作り帯に繰り回したもの。

 

hibinokurasikata.hatenablog.com

 

作り帯って本当に便利です。

手持ちの帯にはさみを入れるのはなかなか勇気と思い切りがいりますけれど、

余った布を生き返らせて作ってもらったつくり帯、とても重宝しています。

柄行が寿ぎの雰囲気なので、何かおめでたい気持ちを表したい時や新春にぴったりの帯になりました。

 

 

帯揚げは縮緬の無地で淡いピンク。

帯締めは白と黄色が左右で組み分けられた丸組。

 

今日は、まず帯を決めて、され、着物はどれを合わそうか、と考えたのですが

ふと、兎の模様の着物があった、と思い出してこの小紋にしました。

干支の柄でちょうどいい、と思ったのですが帯との色合わせの具合もそう悪くなかったように思います。

 

一昨日の朝の、お隣のお寺の森の様子。

 

まるで水墨画のようで思わず画像を撮りました。

二階の窓から外を見ている葉っぱ

 

 

おばちゃん、この白いの、なに?

 

とでも言っているのでしょうか?

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

大雪

昨日から降り始めていた雪、夜中にカーテンを開けて外を見たら

(多分)15センチくらい積もっていました。

こんなに雪が降るのは何年ぶり?

 

10数年前に、お正月に大雪が降って、実家へ向かうのに困ったことがありました。

それから数年後、初釜の初日に大雪が積もって、小間に入って宗匠が濃茶を練られている最中に、何度も、ドサッと屋根の雪が地面に落ちる音がして、そのたび、皆がびっくりする、という事もありました。

こんなに雪が降り積もるのは多分その時以来。

 

でも今回の雪は降り始めてから積もっていくのがとても早く感じました。

みるみるあたりが白くなっていく、そんな感じ。

 

JR西日本の、特に、大阪との府境から滋賀との県境まで、で何本もの列車が立ち往生してしまったのも、雪が降り始めるのが、そして、雪の降り積もるスピードが予想よりも早かったから、とニュースで知りました。

 

こんなに積もった雪を見るのは初めてのヤマちゃん

 

朝から興味津々で外を眺めていました。

寒いから窓を閉めようとすると「閉めるニャッ!」って怒ってました。

 

 

↑ 日差しが強くなり始めた9時過ぎの様子です。

 

いつもの午前と午後の庭散歩、

タイガーはちょっと広縁から下に降りただけで、「今日はやめときます」と部屋に逆戻り。

一方のヤマちゃんは、

なんと!雪の中に飛び込んで雪を跳ね飛ばしたり、ラッセルしたり。

それは嬉しそうに遊んでいて、いつまでも帰ろうとしないのでリードを持つ私の手が冷えて凍えそうでした。

 

ヤマちゃんが雪の中で嬉々として遊んでいる様子、スマホを持っていなかったので動画を撮れなかったのが本当に残念。

 

やはり、長毛さんのヤマちゃんは寒さに強いのかしら?

タイガーは、なんだか「おじいさん」みたいに寒がりで、今日はご飯を食べるのも面倒くさそうに、床暖に張り付いていました。

外へは一歩も出たことのない葉っぱはいつも通りの生活です=^_^=

 

 

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

映画館を出たら雪が舞い始めていました。

天気予報、当たりました(っていうのも変だけど)

 

当地は夕方から雪。

特に、碁盤の目の一番北に住まいしている我が家は

夕食時には雪が積もっていました。

 

今日、映画を観に出かけました。

『土を喰らう十二か月』

沢田研二さん主演の、水上勉原作作品の映画化です。

 

本当はロードショー館で公開されている間に観に行きたかったのですけれど

上映時間と日にちのタイミングが合わなくて、そうこうするうちに大手シネコンでの上映は終了。

2番手劇場に作品がかかるのを待っていて、

四条烏丸の角のビル内に入っている「京都シネマ」で観る事が出来ました。

京都シネマは所謂、単館系の劇場。

今日、『土を喰らう十二か月』が上映されたスクリーンも

席数60あまり。

スクリーン自体、ちょっと贅沢なホームシアターくらいの大きさかも。

 

映画を観る時、どんな席を選びますか?

最適な座席は、スクリーンの横幅を底辺をした正三角形の頂点に当たる席、として設計されています。(昔、仕事をしていた時に教わりました)

 

で、融通の利かない私は、業界を離れてからも映画を観る時の座席指定は

いつも三角の頂点の席です。

 

実は、私、小5の時からのジュリーファンです。

小5の時、テレビでグループサウンズの「ザ・タイガース」でジュリー(沢田研二さん)を見た時に一目ぼれし、

その後、GSが下火になって「ザ・タイガース」が解散し、ソロとして活動するようになって、ますます好きに拍車がかかっていました。

当時、ファンの間では「ジュリーは太りやすい体質やからプレゼントはシュガーカット(ダイエット甘味料)なら受け取ってくれる!」とまことしやかな噂があって、

私も(今考えると、きっと破棄されていたのでしょうけれど)ファンクラブの事務所宛にシュガーカットを送ったことがありました(^^;)

 

そんなジュリー、還暦記念のコンサートしていた頃はコロコロと、ブラウスのボタンが始めそうなほど太っていました。

でも、艶っぽい声は昔のまま。

私は、ジュリーの甘いマスクと、あの色気たっぷりの声が好きなのでした。

 

『土を喰らう十二か月』の中でのツトムさん、ジュリーは、

いい塩梅の体型の「おじちゃま」になっていました。

 

映画の冒頭、山の中の古い民家の囲炉裏で沸かしたお湯で盆点前するシーンがあったり、

囲炉裏の灰に徳利をさし、熱燗を飲むシーンがあったのですが、

もうその冒頭部分から、私にはある一つの、重なる景色・印象が強くあって、

 

映画作品の中に出て来る、ツトムさんの暮らしの在りよう、劇中で使われている器たち、

それらを見れば見るほど、思い出す人がいました。

 

伊賀の丸柱の窯元、土楽の福森さんのお宅と、その生活ぶり、

それを、映画の中では、ジュリーが、まるでそのままやっているのです。

 

春に野山で山菜を取り、夏には池でジュンサイやすっぽんを採り、

秋には木の実やキノコを、そして冬には雪の中。

 

陶芸家で料理人の福森道歩さんや、そのお父様の福森雅武さんの暮らすお宅は

家の中は快適にリフォームされて、おくどさんもありますけれど、

システムキッチンが入っていますが、外観は昔ながらの古い大きな民家で、

居間には真ん中に大きな囲炉裏があります。

劇中のツトムさんの家の窓辺に、(多分シルエットからそうだと思うのですが)大黒・戎の像がさりげなく置いてあるのですが、

以前、お邪魔した際には、福森さんのお宅の居間にも、古い仏像が、その場の空気に溶け込むように置いてありました。

 

映画を観ながら、ずーっと、(まるで福森さんちの生活を見ているみたい)と思っていたので、エンドロールを目を凝らして見てみたら

器協力 として 福森雅武 とクレジットが出てきました。

 

(やっぱり!)

 

劇場で購入したパンフレットを家に帰って読んでいたら、

この作品で料理監修を担当した土井 善晴さんが、監督に

「伊賀の土楽の福森さんのお宅を訪ねてみてくればいい」と仰った、と書いてありました。

なるほど、やっぱり! と合点がいきました。

この作品の中でのツトムさんの暮らしぶりは福森さんの暮らしを参考にしたもの、

だから映画の最初から最後まで、私は「まるで福森さんの生活」と思ったのでした。

 

 

作品中に登場するお料理も素晴らしかったけれど、一番引き付けられたのは

使われている器たちでした。

独楽塗りの丸盆、十分に雨漏りが出た粉引きの徳利。

染付のお茶碗、野菜を洗う大きな鉢、洗ったお米を受けるざる、

何もかも垂涎の器たちでした。

 

原作の水上勉さんと言えば、京都・相国寺塔頭、瑞春院に子供の頃に小僧として修業(口減らし)に出され、そこで見聞きしたことを書いた「雁の寺」が有名です。

この小説が出版され、映画化された当時、京都の仏教界からの反発が強く、

「雁の寺」は水上勉さんの、寺院・仏教界に対する意趣返し、といったものだったのでしょうけれど、

今では、当の瑞春院は「雁の寺」として有名になり、この小説のタイトルにもなった雁の襖絵を時折、特別公開しています。

 

そして、今日見た映画の中では、主人公のツトムさんは

瑞春院での修行生活を、美しく懐かしい思い出、としてだけ心にとどめている演出になっていました。

 

時の流れによって、人は、恨みや怒りなど、負の感情を消化し水に流していく、という事も描いていたのかもしれないな、とこれは私の勝手な解釈です。

 

観た映画の感想はここではあまり書かない、(作品はここで感じ方が違うものだと思うから)と決めているのに、

今日はなんだか、やたらおしゃべりしたくて、長々と書いてしまいました。

 

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

1週間ぶりの和装

1週間ぶりの更新、そして1週間ぶりの着物でのお稽古日でした。

令和5年になって、

初詣・お稽古場の初釜で3日間、お家元の初釜、と5回、和装で出かけていて、

今日は1週間ぶりの着物でお稽古でした。

 

朝、起きてカーテンを開けたら、庭の睡蓮鉢(メダカの鉢)すべてに氷が張っていました。

天気予報通り、夜半から冷えていましたから。

でも、今度の水曜日あたりからまた、一段と冷え込むそうです。

 

でも、この冬は雪が降りません。

いえ、降るには降ったんですけれど。

昨年12月の急に冷え込んだ日、屋根の上に積もった微かな雪は

朝日が当たるとすぐに溶けてしまったし、

いつだったか、お昼間にちらちらと空から舞い落ちてきた雪も

ほんの一瞬で止んでしまいました。

夜中に雪が降って、目覚めるとしーーんと静かな雪の朝はこの冬はないのでしょうか。

 

 

今日の着物

正絹縮緬 薄灰色の地に花と扇の刺繍が飛んでいる付下げ

小紋のようですけれど、刺繍の柄がすべて上を向いているので付下げになるのだと思います。

 

帯は縮緬に手描きで水仙の柄の九寸名古屋帯

季節の柄の名古屋帯、特に染め帯って、もう無限に欲しくなって困ります。

1年のうちでも、『その時』にしか使う事が出来ない着物や帯、

贅沢な楽しみですけれどね。

 

毎年、1月と2月の掛かりに使うことにしているこの水仙の帯、

お稽古仲間にも好きでいてくれる人が何人かいて

「あ、今年もこの帯の季節やね」と言ってもらうと嬉しくなります。

 

令和5年、最初のお稽古だったのですが(お稽古場は先週の日曜日もお稽古があったのですが私は欠席しました)

1月恒例の皆具でのお稽古でした。

(お茶をやっていらっしゃらない方には訳の分からない話でごめんなさい)

 

毎年、いろいろな皆具をお稽古に出してくださるのですが

今年は唐銅の皆具。

しかも初めて拝見する水指・杓立・建水・蓋置でした。

蓋置も、火箸も主茶碗も初めて見るもので揃えてあって、

一体、宗匠はどれほどのお道具をお持ちなんだろう、と改めてびっくり!

 

皆具と言うだけで気が引き締まるのに、唐銅って。

唐銅蓋置は馬鈴で、扱っているとチリチリと鈴の音がします。

 

如何にも新年のおめでたい、しかも凛と張り詰めた空気感にふさわしい設いで

今年もまた1年、精進しよう、と思えたお稽古でした。

 

 

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今日は夫の誕生日

以前にもここに書いたことがあるのですが、1月15日は我が家の夫の誕生日です。

大学1年で出会った時から、

「日本が国を挙げて僕の誕生日を祝ってくれてるんや」と、

しょーもないことを言っていた彼ですが、ハッピーマンデー制度が導入された2000年以降、それも言えなくなりました(笑)

当人は甚く悔しがっております。

 

と、言うわけで、今日は夫の誕生日でした。

 

コロナ以降、誕生日だ、結婚記念日だ、と、おしゃれして食事に出かけることが無くなって、

そうすると、なんだかもう、「今更、いいわよねぇ」的な雰囲気になってしまい

今夜も自宅でちょっと贅沢な食材を使ってお祝いの食事をしました。

 

料理をしていると、用もないのに「ひまやなぁ」と言いながらキッチンに来て

私の変わりをウロウロ。

 

「やぁ、ごちそうやん」とご満悦です。

 

二人で夕食を済ませ、食後に美味しい紅茶を入れてケーキを。

 

 

画像左、12時の位置から時計回りに、

バナナのシブースト・メロンのショートケーキ・キャラメリゼ・苺のショートケーキ

 

夫はメロンのショートケーキとバナナのシブースト、私はいちごのショートケーキとキャラメリゼ

 

美味しいねぇ、と言いながらぺろりと完食。

ここのケーキ、本当に美味しいんです。

 

私の誕生日から1ヶ月が過ぎて、また同い年になった夫。

春には、彼の人生がまた大きく変わります。

 

 

 

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

歳寒三友の訪問着でお家元の初釜へ。

昨夜から降り始めた雨、夜半にはかなり激しい雨音がしていて

せっかくの御家元の初釜なのにちょっと恨めしい気持ちでした。

 

ですが、天気予報を信用して、昨日の夜に支度をする際に、

羽織ものは雨コート、足元は雨草履、と雨の支度をしておきました。

 

今朝、目が覚めてカーテンを開けてみると空はどんよりしているものの、雨はだいぶマシになっていました。

 

身支度をしていると、急に雨足が激しくなって窓をたたきつけたり、

また小降りになったり、で何とも変なお天気です。

 

化粧をして着物を着始めると、暑い……

 

ワンピースタイプの肌襦袢の上に、袷の長襦袢

最近は長襦袢も単衣仕立ての袖無双がほとんどになっていますよね。

単衣の長襦袢はお手入れも楽で気軽に着る事が出来るので普段は重宝しているのですけれど、

毎年、初釜の際、私は袷の長襦袢を着ることにしています。

真冬の1月、防寒の意味ももちろんあるのですが、

正式な、冬の長襦袢、袷の長襦袢を身に纏うと、なんとなく背筋が伸びてシャンとする気がするのです。

 

家元初釜に伺った今日の着物。

 

 

淡い桃色の地に歳寒三友の柄が染められた訪問着。

この着物、ブログ記事で確認してみたら以前に着たのは2019年でした。

4年振りの出番で着物も外の空気を吸って喜んでいるかもしれません。

 

帯は茶に金糸が織り込まれた地に鳳凰の唐織。

太鼓柄の袋帯ですが前帯もお太鼓になる部分も豪華な柄が織り出されているので

太鼓柄の洒落袋と言うよりはもう少し格の高い帯としてしめる事が出来る帯だと思います。

 

 

帯揚げはレモン色と甕覗き色のぼかしで七宝の柄の縮緬

帯締めは金糸にプラチナの織り込まれた変わり平組。

 

 

 

家元玄関で。

雨で湿度が高く髪の納まりが悪くなりそうだったのでオイルで落ち着かせ、耳にかけてみました。

 

薄茶席・濃茶席・点心席(福引の後、お弁当をいただく)をまわって

いるうちに雨も上がって晴れ間が見えてきました。

濃茶席ではお家元が練ってくださった濃茶を嶋台で頂きました。

練られている最中から何とも言えないお茶の良い香りがして、

口に含むと馥郁として、濃茶独特の服加減。

 

御家元が、「濃茶は一人分だけ練っても美味しくないんや」と仰りながら

「たっぷりと多めになってるけどな」と、それこそたっぷりなお茶を練ってくださいました。

昨年末からの喜寿の祝いの連会をこなされての初釜にもかかわらず

お疲れのご様子もなく、にこやかにお話しくださって楽しいお席でした。

 

時節柄、今年の家元の初釜も懐石は無しで、お弁当をいただいて帰りました。

福引・点心の会場には干支の兎の香合や飾り物が所狭しと並べられ、

あちこちのお寺や神社からの祝いの品や縁起物を拝見するのもお正月ならでは。

 

 

初釜の帰り道、ご一緒したお仲間とイタリアンのお店でパスタランチをしたので

このお弁当は夕食に頂きました。

 

 

お昼に食べたパスタ。

ゴルゴンゾーラのクリームソースペンネ

 

楽しい時は時間の過ぎるのがあっという間。

華やかな寿ぎの空気を胸に抱えての帰路でした。

 

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

母に会いに。

年末から何となくバタバタ過ごしていて、年が明けてからも母の元へ会いに行けずにいました。

そういう時って、なんだかずっと気持ちの中に気がかりなことのように引っ掛かって気分がすっきりしないんですよね。

 

まず、自分の(好きな)こと、それから家のこと、猫たちのこと。

結局、母や実家のことは一番後回しにしてしまっています。

 

今日のタイミングで行かないとまた来週になってしまう、と

一昨日、急遽施設に連絡して面会の予約を取りました。

 

コロナがまた感染拡大している中で、いつ、面会が出来なくなるかもしれない状況なので、会える時にあっておかないと。

 

施設は玄関ドアの前に門松

 

 

ドアを入ってロビーにも、金屏風の前に立派なお生花が活けてあったり、

餅花や、大判小判、鯛や千両箱などの松飾り、鏡餅など

お正月らしい飾り付けがしてありました。

 

昨年の3月までお世話になっていた施設は、なんというか、ビジネスライクで

高額な費用の割に、スタッフの皆さんが何となくドライであまり満足できるところではありませんでした。

母が今お世話になっているホームの施設長さんがとても素敵な人で、

季節ごとに館内をディスプレイされていて、母をこの施設に移して本当に良かった、と安心してます。

 

毎回、面会のたびに、母の好物のお寿司や果物、お菓子や本を、大きな紙袋いっぱいに持っていき、施設のスタッフさんが日々、母のおやつに出してくださるのですが

(すべてを母に渡してしまうと一時に食べてしまってお腹をこわしたり、栄養を考えて作ってくださっている食事がおろそかになるので、果物やおやつは預かって管理してくれています)

哀しいことに、母は、会うたびに、私が持って行った差し入れの果物やおやつを

「全然食べていない、全部取られちゃったのよ」と言います。

 

パーキンソン病とレビー小体認知症で、妄想がかなりあり

彼女の作り上げた物語の中で暮らしている母ですが、食欲があり、状態は落ち着いています。

お世話をしてくださっているふたっふの皆さんには感謝しかありません。

 

 

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村