こと子の日々の暮らし方

夫婦と猫3匹との平凡な暮らしを日記代わりに綴っています

10月だけどまだ単衣

今日は10月最初のお稽古日、けれど日中の気温が30度を超えそうな天気予報に

思わず単衣着物で出かけました。

 

1年を通しての着物の衣替えのルール、10月から5月は袷、6月9月は単衣、7月8月は薄物、と言うのは、いったい、いつ頃、誰が決めたんでしょう?

 

江戸時代に旧暦で上記のような衣替えが定着した、と書かれている本を以前に読んだ記憶もあるのですが、ネットで検索をしても

いつ・だれが 決めた衣替えルールなのかは見つかりませんでした。

 

着物が「特別な衣装」になり、着付けを、授業料を払って習うようになって

ますます衣替えルールが定着していったようにも、個人的には思います。

 

温暖化が進んでいる今となっては、いつ決められたかわからない衣替えルールは

実生活に即していない部分もありそうです。

 

それでも、とりわけお茶の世界では、この衣替えルールがいまだにかなり厳格に守られていて、呉服屋さんなども

「普段に着るのはいいでしょうけど、お茶ではやっぱりねぇ」と

ルールを外して着物を着るのは、暗に「やめときなはれ」と言われます。

 

かく言う私も、大きく外れる勇気のない小心者なので

衣替えのルールを外すのも、せいぜいが前後5日ほどです。

あ、もちろん、買い物や美術館巡りなど、普段のお出かけには

外気温に即した衣装で出かけます。

 

で、さんざん言い訳めいたことを書いての、今日の着物(笑)

 

 

着物は綸子単衣、ぼかし シケ引き 小紋

紫を中心に色相環の近い色目をシケ引きでぼかし染めしている小紋です。

 

帯は塩瀬 白地に銀糸で観世水が駒縫い刺繍され、その上に紅色の菊花が刺繍されたもの。

毎年、9月・10月に絞めています。

 

帯揚げは白地縮緬に抹茶色の輪出しの飛び柄絞り

帯締めは市松の内記組

 

ところで、今年のカレンダーも、ふと気が付けばあと3枚になりました。

先日、本屋さんに立ち寄った際、もう令和5年度のカレンダーが売っていて

ちょっと驚いたのですが、考えてみるとそんな時期なんですね。

 

本当に1年が早い、と感じる60代です。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ

にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

おすきなふくは?

日中、真夏日のような気温になることもありますが

朝夕は空気がひんやり、過ごしやすくなりました。

もうエアコンを使うこともしばらくはないだろうと、フィルターを洗って

内部はエアコン用の洗浄スプレーで掃除。

エアコンは3年に一度ほどプロにお掃除をお願いしていますが

それ以外は、夏・冬、稼働前にエアコン用の洗浄スプレーで済ませています。

でも、マメに掃除すれば毎回プロにお願いしなくても臭いも気にならず

カビが発生することもないように思います。

 

夏の間、素足でぺたぺた歩いていたフローリングの床をスッキリと拭きあげて

ちょっと忙しくしていた間、手抜きでごまかしていた家中のあちこち、

換気扇の掃除をきっかけに、いま、私の中で掃除熱が発生中です。

 

少し過ごしやすくなって掃除もはかどります(とは言いつつも、力を入れて拭き掃除すると汗が噴き出ますけれど・汗)

 

今日のタイトル

 

「おすきなふくは」

さて、なんでしょう?

これ、秋の七草の覚え方です。

春の七草って、五七五七七 で覚えやすいですよね。

せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ これぞななくさ

でも、秋の七草って?

春のようにリズムよく覚えるすべがない。

で、私がお茶のお稽古の大先輩から教えていただいたのが

今日のタイトル

「おすきなふくは」

 

お おみなえし

す すすき

き ききょう(あさがお)

な なでしこ

ふ ふじばかま

く くず

は はぎ

 

ね?少し覚えやすいように思いませんか私はこの言葉を教えていただてから

七つの秋草を言えるようになりました。

 

我が家の庭には今、女郎花と藤袴、すすきと萩が咲いています。

ききょうは今年はなぜかダメみたい…… 遅れているだけならいいんですけど。

 

 

画像左側 上 シュウメイギク 下右 シュウカイドウ 下左 シュウメイギクの花 ヤブミョウガ

画像右側 上 フジバカマ 下右 オミナエシ 下左 ナンバンギセル サクラタデ

 

9月も今日を入れてあと2日。

今年は『値上げの10月』になりますね。

主婦は頭の痛い10月になりそうですけれど工夫してやり過ごしたいと思います。

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ

にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

藍染 矢鱈縞の小紋で9月最後のお稽古日 

久しぶりの更新です。

そして、久しぶりの和服。

2週続けて週末の日本列島を台風が通過しましたね。

静岡の被害の様子をニュースで見て自然の恐ろしさを改めて実感、

いざと言う時の備えをほとんどしていない我が家の危機感のなさを反省しました。

 

本当は先週の敬老の日、9月19日にもお稽古の枠を取っていたのですが

台風の影響か、気圧が低かったこの日、夜中から頭痛がひどくて

お稽古を断念、薬を飲んでひたすら頭痛が治まるのを待って1日を過ごしていました。

 

着物を着たのは9月10日以来。

2週間ぶりの和服です。

 

 

藍染、矢鱈縞の単衣小紋です。

この着物、私には少し身丈が短くて、腰紐をいつもよりもぐっと下で締めています。

 

余談ですが、帯のお太鼓、左がいつも下がり気味。

右利きなので帯枕の紐を引く時、右に力が入ってしまうからなのかもしれません。

後ろ姿を見た夫が「また左が下がってるよ」とご注意くださいました"(-""-)"

ありがとう……

 

 

帯は塩瀬 白地に扇面の織柄の九寸名古屋帯

大丸で購入した帯だったように記憶しています。

 

 

帯揚げは薄いペパーミントグリーンの縮緬 地紋に氷割れ(ひわれ)紋が織り出され

花束が刺繍されています。

氷割れの地紋なので本当は春先の、「春の訪れ」を感じる頃に使うのがふさわしい帯揚げなのだろうと思いますが、私は基本的に帯揚げは着物や帯との色の組み合わせ重視主義なので、気にせず着用することにしています。

 

帯締めは猩々緋色の平、笹波組です。

 

今日のポイントはこの帯締め

実は今日、履物を真っ赤のエナメルにしたかったので草履の赤に合わせて帯締めを選びました。

以前にもご紹介した↓この草履です。

 

この草履、本当にお気に入り!

ただ着物を選ぶ色なので、いつでも履ける、と言うわけではありません。

正式なお席にはちょっと憚れる色、しかもエナメルなので紬に合わせるのも少しそぐわない、

そういう意味ではちょっと贅沢な草履ですね。

でも、この草履を履くと気持ちが高揚します。

紅葉の季節にも履いてみたい一足です。

 

9月もあっという間にあと1週間を残すだけとなりました。

 

今月はタイガーと葉っぱのワクチン接種の月です。

推定、6月末生まれ、我が家に来たのがどちらも8月のタイガーと葉っぱは

最初の三種混合ワクチンを、やってきてすぐに打ち、一か月後の2回目を9月に受けたので(三種混合ワクチンは最初は1ヶ月あけて2回打ち、翌年からは年一回です)

二人とも9月がワクチンの接種月なんです。

 

我が家に迷い込んできて保護したヤマちゃんも誕生月は推定6月

ですが、保護したのが3月だったのでワクチン二度目は4月になったので

毎年4月にワクチンを受けています。

 

来週にはタイガーと葉っぱを病院につれて行かないと。

動物病院へ行く回数を重ねるごとに、気配を敏感に察するようになってしまった葉っぱを捕まえるのが一苦労です。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ

にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

忙中閑は……なかった(汗)

お久しぶりです。

前回の記事から10日経ってしまいました。

更新が無いことで気遣うコメントを下さった方があって

なんだか幸せな気持ちでいます。

お目にかかったことのない方が、この同じ空の下で私のことを気にしてくださっている、

ブログを書いていてよかった、と思える瞬間です。

 

台風14号は関西には大きな影響がなかったのですが

雨や風で被害を受けられた方に、どうぞお元気を出してください、とお見舞い申し上げます。

 

9月も三分の二が終わろうとしているのに、いつまでも暑い、と思っていましたら

今日は「台風一過」とさわやかな秋晴れ、とはいきませんでしたけれど(何となく一日中曇っていました)

湿度が低く風が気持ちのいい秋の日でした。

 

今日の朝ごはん。

 

生野菜のサラダ

ベーコンと目玉焼き

お揚げさんと小松菜の炊いたん

自家製漬物三種

水出しコーヒー(カルディの水出し用コーヒーの粉を使っています)

 

いつもは朝はパン、の私ですが今日はパンを切らしていたのでご飯にしました。

毎朝、ご飯じゃないと駄目な夫はベーコンと目玉焼きの変わりに赤魚の西京漬けを焼きました。

 

 

さて、更新できなかった10日間、何をしていたかと言いますと、

残念なことに着物を着る機会が一度もなく、

お稽古ごとの役員仕事でちょっとテンパっていました。

今もその仕事は片付いたわけではないのですが、コメントをいただいて

(気持ちの余裕がなくなっているわ)と気づき、気持ちの切り替えにこうして記事を書いています。

季節ごとに、全国のお社中様に向けて会の活動の様子をお知らせすべく、会報をお届けしています。

前回の発行以降の全国各地のお仲間のお稽古の様子や日々のお暮らしや活動の様子、

イベントごとなど、幾人かの方にその画像と原稿をお願いし、取りまとめて、校正・編集を経てお手元にお届けする作業が結構手間がかかり、原稿をなかなか下さらない方への、失礼にならないように気を付けながらの「鬼の催促」などもあって、時々、きーーーっとなったりしてしまいます。

人間が出来ていないんですよね、まったくいつになったら泰然自若の人になれるんでしょうか。

 

また先週は実家の母の誕生日がありました。

誕生日当日の午前中にフラワーアレンジメントが届くように手配をし、

お昼過ぎには母の暮らす施設に到着。

お部屋に花を飾ってもらってご機嫌の母と会ってきました。

差し入れは母の好きなお店の巻き寿司や、梨や柿をむいたものをジップロックに詰めたり、日持ちのするクッキーやお干菓子、母が向いて食べることが出来るみかんなど。

施設の決まりで面会時間は15分。

おしゃべりしているとあっという間です。

「もう帰るの?またすぐに来てね。次は握りがいいわ」という母に「はい、そうするね」と返事をして笑って手を振って部屋を出ました。

握り寿司(生のお魚)は規則で差し入れることが出来ないので次の訪問までに母が忘れてくれていることを祈ります(^^;)

「今日も京都からですか?ごめんなさいね、せっかく遠いところを来られたのに15分しかいていただけなくて」と申し訳なさそうにスタッフさんが言ってくださり、

母のことをお願いしてトンボ帰りしてきました。

 

帰宅すると葉っぱがソファーで爆睡

なぜかはーちゃんは顔を何かにぎゅーっと押し付けて寝るか、ごめん寝のポーズで眠ります。

その方が安心できるのかな。

 

ニャンズの食器置き場

台所の一番奥、勝手口のそばの窓際に置いています。

古くて中途半端な和風建築の我が家は、昭和の家にありがちな、家の一番北側に台所がある作りです。

この食器の向こうに見えている家の裏にヤマちゃんは住み着いて

時々、この窓に飛び乗って中をのぞいていました。

でも本人(本猫)はもうそんなことも忘れてしまっているでしょうね(^^♪

 

色んな汚れには目をつぶってください。

猫の食器置き場の横のガスレンジ台に、先日買ったコンロ用ラックを置いてみました。

山崎実業の製品です。

台所で使う品物、山崎実業のものが多いです。

洗剤置きにしているスポンジホルダーやまな板スタンド、ポリなどの袋用のホルダー、

シンク用の三角コーナーに設置するごみ受け用のホルダーなど。

 

あら、いやだ、何を書いているんでしょう(汗)

やっぱり頭の中がぐちゃぐちゃしてるみたいです。

 

会報、なんとか無事に今月中に発行できるように、頑張ります!

 

近況報告でした。

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ

にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

すぐ使う質(タチ)です。

昔、向田邦子さんのエッセイにあったお話。

おぼろげな記憶なので間違っているかもしれませんが、大筋では記憶通りだったはず。

 

向田さんは頂いたものをすぐ見たくて仕方ない性格だそうで、

来客があり手土産などをいただくと中身が気になって話に身が入らなくなったり、

結婚式の披露宴などで引き出物をいただくと中身を早く確認したくて

家に帰るまでの我慢が辛い人なのだそう。

ある日、やはり披露宴に招待され引き出物をいただいて、ホテルのエスカレーターに乗った時の事。

同じ披露宴会場から出てきたおじ様がエスカレーターに乗っている最中に、引き出物の中の包みの包装紙をビリビリと破り、中身を見たんだそう。

同じ気持ちでいた向田さんはそのおじ様の行為を「我が意を得たり」とすっきりとした気持ちで見ていた。

そんなエピソードです。

すぐに見ないと落ち着かない、気になって仕方ない、そういう性分を軽妙な筆致で披露されていた向田さん。

彼女の書くものが大好きでした。

 

で、なぜこんな話をいきなり始めたかと言うと、

ちょっと違うけれど私も「すぐ使いたい」タチなんです。

 

手に入れたもの、新しくなったものなど、大切に保管して

「いざ」と言う時に初めて開封したり身につけたり、使ったり、という性格の方も多くいらっしゃるでしょうけれど、

私は真反対。

 

今日、お茶のお稽古だったのですが、どの着物を着て出かけようか、一瞬考えて、

(そうそう、今日は水屋に入らせていただくつもりだからカタモノでも良しとしよう。

 そうしたら先日、単衣に仕立て替えて戻ってきた白大島が着られるじゃない!)

と、いつ着てみようかワクワクそわそわしていた白大島を着ることにしました。

 

 

この着物、単衣に仕立て替えて本当に良かったです。

今日は少し秋らしい日だったせいもあるのでしょうけれど

快適に過ごせました。

 

袷だったこの着物、洗い張りして単衣に仕立て直してもらったもので、先日、手元に戻ってきたばかり。

もう、「すぐ着たい!」派の私としてはやむなしの行動です。

 

帯は花織風の正絹の西陣の帯。

九寸名古屋です。

先日のオリエンタル調(?)の帯同様、

気に入って買ったものの、合わせる着物を選ぶのが難しくて、購入時に一度締めて

その後、長いこと帯の収納のシェルフの下の方に眠っていました。

オリエンタル調の息を吹き返してあげたことをきっかけに、

この帯も久しぶりに空気を吸わせてやろう、と思って選んでみました。

 

帯揚げは花紺色に白で七宝繋ぎの絞りが入っているちりめん。

帯締めは薄灰と樺茶色の糸がぼかしのように組んである丸組。

 

 

お稽古場に着き、寄付きに入った途端に

「こと子さん、ちょっと」とお声がかかり、急ぎ蹲を使って茶室に入ると

「ちょっと続き薄をしてこの人に濃茶と薄茶を点ててあげて」とのご指示。

 

(ええっ⁉なんでしょうか、これは)と思いながらも水屋に行き、

続き薄の支度を整えました。

 

点前をしながら伺うと、なんだかお稽古の人の流れで、その場でお客様として座っている方が主菓子も干菓子もまだ頂けていない、と言うことだったようで

なるほど、と思いながら(こんなことがあるから油断大敵だわ、大島なんて着てきたから膝をにじったり立ったり座ったりするたびに裾が開きそうになってしまう……)と、もう「後悔先に立たず」の心境でした。

 

まぁでも、思いがけず続き薄のお稽古ができありがたいこと、ですよね(^^;)

 

*1

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ

にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

*1:続き薄とは

 茶道の点前の一つ、濃茶の点前の途中から薄茶を引き続き点てるのですが

 道具をさりげなく替える所作などが面白いお点前です。 短い時間の中で濃茶と薄茶を供することができ、お客も両方をいただけるある意味ショートカット版のようなもの

憚られて、単衣

何となく昭和歌謡の曲名のような今日のタイトル(^^;)

 

一昨日の金曜日、お点前の予定はなくお客役での勉強会だったので

カタモノでもいいか、と夏大島を着て出かけたお茶のお稽古。

2日たって、9月4日。

まだまだ9月の掛かりですけれども、濃茶のお稽古枠を取っていたので

何となくカタモノ着物(紬)を着てのお点前が憚られて、単衣を着て出かけました。

ご一緒したお稽古仲間の着物は単衣が6割、薄物4割、と言ったところ。

 

濃茶でも格の高いお道具を扱う唐物点前の稽古となるとやはり柔らかものの着物でないと点前の所作に違いが出たり、第一、心構えが違う気がします。

正絹の柔らかものなら袖の捌きも上手くいくようなところでも

カタモノの着物を着ていると茶入や棗の上に置いた茶杓に袖があたって粗相(茶杓を落とす)してしまうそうになって、つい気がそちらに行って集中できないような。

単に私が未熟者、と言うことなんでしょうけれど。

 

まぁ、そんなわけで、金曜日よりもむしろ日差しが強く気温が高かった今日、

単衣の着物を着てお稽古に行きました。

 

帰宅後、画像を撮ったので帯の下にしわがたくさん入っています。

どうぞお目こぼしを。

 

着物は女郎花色の縮緬の色無地

背に一つ紋が入っていますけれど気にせずお稽古に着ることにしています。

色目が秋っぽいので単衣の着物ですけれども6月の単衣の時期に着ることはしていなくて、もっぱら秋にのみ出番がある9月単衣です。

 

帯はアラベスク模様?オリエンタル更紗? 

どういう風に言うのが正しいのかわからない織柄の9寸名古屋です。

いいな、と思って購入したはいいけれど手持ちの着物にどういう風に合わせればいいかわからなくて10年以上、箪笥で眠らせていました。

昨年、初めて絞めてみて、何となく弾みがついたというか、

(色無地ならいいんじゃない?)と思って使うことにしました。

 

帯揚げは桑茶色の縮緬地に涅色(くりいろ)で飛び絞りが入っています。

帯締めは朱色に白や緑などがアクセントに組まれた笹波組

 

インカメラで自分の帯元を撮ると色が飛んでしまうのはなぜなんでしょう……(・・?

 

 

ところで、9月2日からAmazonPrimeで『ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪』の

世界一斉配信が始まりました。

トールキン指輪物語から派生させたオリジナル脚本によるドラマですけれど

指輪物語が好きで原作本をすべて読み、映画も全作品見ていたので

配信開始を楽しみにしていました。

初回は2話同時配信。

一気に観てしまいました。

これから毎週金曜日に続きを1話ずつ配信するそうなので早く見たくてうずうずしています。

 

ただ、エルフのエルロンドを演じている俳優さんがちょっと(好みじゃない)

 

映画版『ロード・オブ・ザ・リング』三部作や『ホビット』三部作でエルフのエルロンドを演じていたヒューゴ・ウォレス・ウィーヴィングは映画『プリシラ』を見て以来のファンなので、そのヒューゴ・ウォレス・ウィーヴィングのうんと若い頃を演じているのがロバート・アラマヨっていうのはなんだかいただけないわ。

確かにヒューゴも顎はしゃくれてるけど(;´Д`)

 

と、そんなわけで(どんなわけ?)これからしばらくは金曜日の配信を楽しみに待つことになりそうです。

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ

にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

夏大島で9月最初のお稽古へ。

台風11号、週末から来週にかけて日本列島が影響を受けそうですね。

ニュースで風速50mと聞いて2018年に関西を直撃し関西空港の連絡橋にタンカーが激突した台風21号を思い出しました。

 

どこにも大きな被害が出ずに済みますように。

 

昨日は夕方からかなりの雨だったのですが今日は蒸し暑く晴れていました。

9月、お茶の世界では着物の季節ルールも割ときっちりしているのですけれど

ここ最近の温暖化で9月に「単衣」はちょっときつい、と思うのが正直なところです。

 

9月2日、まだ序の口(何の?9月の、です)で薄物でもお許しいただこうと先日も着た夏大島を着て出かけました。

 

 

黒地に流線模様の夏大島

見た目よりずっと涼しい着心地です。

今日、お稽古でご一緒だった方はクリーム色の夏大島をお召しだったのですが

私の黒地よりもずっと透け感が無くて一見すると単衣の着物のようで

その方も「この着物、薄物に見えないでしょう?なので9月に重宝するんですよ」と仰っていました。

ちなみに、その方も私も、今日のお稽古は見学組だったので紬でも「いいですよねぇ」と勝手なルール(^^;)

 

あわせた帯は亜麻色の地に紅葉や松葉など、吹き寄せ柄。

帯で秋らしさを出したくて久しぶりにこの帯を出してみました。

手先も半幅に綴じられていない8寸の開き名古屋です。

 

帯揚げは白地に柿色のぼかし染め、やはり吹き寄せ柄が染められています。

でも、上手に柄が出せなかった……

帯締めは白とオレンジのレース組

 

この帯締め、なんていう組み方なんでしょう?

三つ編みのような組み方がしてあります。

 

今日のお稽古で大先輩に

「9月、いつごろまでなら薄物着てもいいでしょうか?」とお尋ねしました。

「まぁその日の気温にもよるけど9月10日くらいまでは大丈夫じゃない?」とのお返事でした。

 

 

お稽古帰り、いつもの呉服屋さんに寄って夏前にお願いしていた白大島の仕立て替えが出来上がったのを受け取ってきました。

何も考えず白大島を袷に仕立てていたのですが、ふと考えてみると

(白大島なんだし、単衣のほうが出番が増えるんじゃない?)

と、なぜ今までこんなことに気が付かなかったんでしょう、どうかしてます、私。

 

単衣の大島、9月10月や春から夏にかけて活躍してくれそうです。

袖を通すのが楽しみな着物が1枚増えました。

 

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ

にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村