こと子の日々の暮らし方

夫婦と猫3匹との平凡な暮らしを日記代わりに綴っています

今日の着物の組み合わせの肝は……

昨日に続いて今日もお茶のお稽古日でした。

昨日は月に一度の濃茶に特化したお稽古日。

午前・午後と濃茶の稽古だけを見て頂ける日です。

濃茶に特化した日は普段のお稽古ではなかなかできない奥の点前の稽古をさせて頂きます。

通常のお稽古日は一枠25分で区切られているのですが(一応の目安で初心者の方だと25分ではとても点前を終えられないのでずるずると時間は予定外に伸びていきます)

濃茶稽古の日に限っては、奥の点前も自由に選んで出来るので貴重な稽古日です。

 

で、今日は25分枠の稽古を取っていたので薄茶点前を見ていただきました。

 

昨日、袷の大島を着て出かけて暑い思いをして後悔したので

今日は単衣

 

私にしては珍しい色の着物

縮緬の地で、はっきりとした青。

そこに黒・緑・紅・青などで太さを変えてごく細い縞が入っています。

 

 

帯は紬地で生成に鼓が染められた太鼓柄の名古屋。

たれ先に出て来る部分だけが鼓の色と同じ天色になっています。

 

帯揚げは紅色の縮緬無地

帯締めは道明で奈良組 丸胡蝶です。

 

今日のコーディネートのポイントは草履にありました。

 

伊と忠のエナメル

この赤に一目ぼれして手に入れました。

で、この草履に合わせた着姿にしたくて着物の色と帯揚げの色を選んでみました。

自己満足の世界ですが、ご一緒したお仲間に

「きれいな色ね、お玄関入って、げた箱でこの草履を見たとたん、こと子さんかな、と思ったらやっぱりそうだったんやね」と言われました。

「色の一目ぼれして買ってしまったけど、合わせる着物が難しいわよねぇ」とご相談すると

「紬なら何でもOKじゃない?他にも色々合いそうやん」と言っていただけてちょっと安心。

 

その日着るものを選ぶ時、

まず着物、と言う日もあれば、この帯を締めたいから、と言う日もあったり

新しく買った帯締めを締めてみたくて、と組み合わせを考えるわけですが

今日はこの草履を履きたくてすべての組み合わせを考えてみました。

 

とてもいいお天気の日曜日だったのですが、夜半(午後10時半ごろから30分ほど)になってゴロゴロと大きな雷鳴が轟き、夕立のような雨が激しく降り出しました。

テレビの音が聞こえないほどの雨音に猫たちもびっくりして

ソファに座っている私の両側に三匹がピタッとくっついて丸まってきたので

暑いったらなかったです(^^;)

 

本格的な夏にはまだ少し早いのに、梅雨明けを告げるかのような激しい雨に驚かされた夜でした。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ

にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

大島紬でお稽古に 暑くて袷は無理でした。

久しぶりの着物。

いつ振りだったっけ?と振り返ってブログ記事で確認してみたら

4月30日以来でした。

えっ⁈ 3週間ぶり こんな事めったにないんですけど

実は5月に入ってお茶のお稽古の予約を入れていた日、

夜半からの酷い頭痛で1回お稽古を急遽お休みさせていただいた日があったんです。

そしてGW期間中にあった社中の研究会は風炉の灰つくりのお稽古登板だったので洋服で出かけ(灰のお稽古の時は汚れるのと前かがみの姿勢が4時間近く続くので洋服です)

先週の「豪邸での勉強会」はお茶をいただくお席はあったものの、やはりこの日も洋服で出かけたのでした。

どうしても着て出かけたかったワンピースがあったという単純な理由でした・(^^;) 

 

で、私にとっては5月最初の着物でお稽古になった今日。

もうすでに21日。5月も半分以上終わってしまっているというのに初着物

びっくりだわ。

 

 

本場大島紬 泥染めです。

昭和のある時期、凄く流行った龍郷柄。

龍郷柄と言うのはハブとソテツの葉をデザインしたものだそうです。

 

「龍郷(たつごう)柄」とは
この柄は、江戸末期に薩摩藩から「奄美大島を一番良く表現した大島紬を献上せよ」との命が下り、図案師が月夜に庭を眺めていた時にたまたま一匹の金ハブが月の光で背模様をキラキラと輝かせながら青々とした蘇鉄の葉に乗り移ろうとしたその一瞬の神秘的な美しさを図案化したことから始まっています。 その後これが評判となり、村人たちが競ってハブの背模様と蘇鉄の葉を図案化し、さらにそこに奄美大島の美しい自然の風土を抽象的に加えて泥染め大島紬を作り続けました。1907年頃に、この泥染め大島紬は作られていた村の名前から「龍郷柄」と名付けられました。今でも熟練した織手しか作る事の出来ない貴重なものとなっています。

 

母か祖母の着物だったものだと思います。

実家のタンスから数年前に持ってきた物。

いつも色々とお願いしている呉服屋さんで洗い張りして仕立て直ししてもらったので

とても柔らかくて着付けも楽な一枚です。

八掛は元からついていた「ザ・昭和の八掛」色の赤

今思うとせっかく洗い張り仕立て直ししたのだから

八掛は紺色か墨色に染め変えればよかったです。

 

今日は大島にしよう、と朝起きた時から決めていたのは雨が降っていたから。

大島は雨に強いキモノです。

大島は雨に当たっても縮んだりよれたりせず(糸を撚っていないから?)

少々の雨ならまるで撥水加工しているかのように弾いてくれるし、

濡れてもすぐ乾いて、しかも跡も残りにくい、なので雨の日にはぴったりの着物なのですが、

思わぬ誤算、

今日は湿度が高くて蒸し暑すぎました(;_:)

 

天気予報では気温はあまり上がらない、と言うことだったのですが

いざ着てみたら、もう着付けの途中から(暑い……)と思い、

でももう他の着物を出して着替える時間はない、と言うことでこのまま出かけたのですが

炭がいこってお湯が沸いてるお茶室では。。。。。。 やはり暑かったです。

そして、お稽古仲間の皆様は全員、単衣 *1

あぁ、自分を呪いました。

 

帯は紬の地に手描きで更紗の柄の作家物。

17世紀の印度更紗の写し お太鼓柄の少し下、隠れる部分に作家さんの銘と

この柄の由緒が書き込まれています。

薄い芯地で仕立てて貰ったのでとても締めやすい帯です。

 

どうしてなのか、どうも私は名古屋帯は太鼓柄が好きなようで

手持ちの名古屋はほとんどがこの帯のようなポイントにだけ柄が入った太鼓柄が多いです。

 

帯揚げは辛子色の変わり染め柄

帯締めはごく細い冠組で水色に白や朱色などが組んであるあっさりした印象の帯締めです。

 

今日は濃茶に特化したお稽古日で私は見学のつもりだったので紬を着て出かけたのですが、指導してくださる社中の大先輩の先生のご厚意でお点前を「しなさい」と言っていただき、唐物点前を見ていただきました。

 

畳の上で膝をにじる動作の時、やはりカタモノの着物だと膝が割れやすい、と言うことを実感。

 

明日もお稽古の予定なのですが、明日は絶対!単衣にします‼

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ

にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

*1:+_+

遅咲きの山芍薬

白い花がかわいい山芍薬は4月初旬に満開を迎えて咲き終わってしまったのですが

 

↑4月9日の様子です。

 

今、我が家の小さな庭では遅咲きの赤い山芍薬が咲いています。

 

向こうに見えるのはタイガー兄さん(=^・^=)

この紅色の山芍薬は北海道で発見された品種だそうです。

シャクヤクと名がついていますがキンポウゲ科の植物で、花の様子が芍薬に似ているので山芍薬と名付けられたそう。

 

4種類ある我が家の芍薬、今、一番最後に花が咲く白がいよいよ最後、というところです。

 

hibinokurasikata.hatenablog.com

 

昨日・一昨日あたりから、少しゆっくり咲き始めるバラが「出番がきました」と言ってるように咲き始めています。

 

ノヴァーリス

 

イングリットバーグマン 私の大好きなバラの一つです。

 

表の道に面した赤いクレマチスに遅れること数日、玄関前のクレマチスもようやく花がひらき始めました。

 

 

 

この数日、薄曇りだったり雨が降っていたりでしたけれど

明日はいいお天気になって気温も27度まで上がる予報が出ています。

久しぶりに洗濯物がからりと乾きそうで気持ちが上がります。

(実は今日は朝からちょっと憂鬱な電話があって、気持ちの重い一日でした)

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ

にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

芦屋の豪邸へ……

今年、3月にご縁があって東大寺・二月堂の修二会にお邪魔したことを以前記事にしました。

 

hibinokurasikata.hatenablog.com

 

この時、お邪魔して曼荼羅を塗る体験や結解料理をいただいた東大寺塔頭

 

www.asahi.com

その塔頭のご住職は修二会を務められる練行衆のうちの南座衆之一をお勤めになっていました。

準備期間の別火(べっか)を含め、長い修二会の行事のすべてを無事に勤め上げられ、

やっと落ち着かれたということで

私たち社中が見学・体験させていただいた修二会と言うものがどういうものなのか、

歴史・趣旨・全体の流れ・日々の修業など、音声・動画・テキストを用いながら

講演(説明)をしてくださる機会を得ました。

 

場所はやはり同じ社中の芦屋の某お宅。

芦屋駅で、タクシーのドライバーさんに「〇〇さんのところまで」とお名前を告げるだけで「はい、わかりました」とちゃんとたどり着く、そんな豪邸です。

〇〇さん(某企業のオーナー&某スポーツ団のオーナー)のお宅へ伺う客、と思うからか、それとも芦屋のタクシードライバーさんがそうなのか、

とても丁寧で気持ちの良い接客具合でお宅まで送り届けてくれました。

タクシー5台に分乗したメンバー、

豪邸につくと気配を察してお手伝いさんがすぐに門前にお迎えに来られ

案内されました。

山一つ、丸ごとお屋敷の西洋館。

その中に我が宗匠が監修されたお茶室があって、寄付きに案内され

身支度を済ませ、お茶室へ。

 

館のご主人自らが薄茶点前でふるまってくださいました。

主菓子は『川端道喜』の粽

創業1512年の老舗中の老舗、川端道喜

 

(画像はお借りしました)

 

道喜さんの粽をいただけるなんて、なんて口福!

 

余談ですが、

応仁の乱などで京都の町のみならず、御所も荒廃し困窮していた時代、見かねた川端道喜は毎朝、餅を搗き

それを御上に持って行っていたそうで、御所には川端道喜が通うための【道喜門】と言う門があり、御上は、「道喜はまだか?」と餅が運ばれてくるのを毎朝、待たれていたそうです。

当時、蛤御門の前に店を開いていた川端道喜は今では別の場所に移っていますけれど、

御上が江戸に移られるまで、300年も代々の当主が御所に餅を朝食としてお持ちしていたのですから半端な覚悟ではないですよね。

まぁ、京都の町衆にとっては御上は敬うべき方だけれども、「天皇さん」と呼ぶ、生活に根付いた身近な存在でもだったんですよね。

今でもお年を召した方の中には「天皇さんはちょっと東京へ行ってるだけ」と言われる方もおられます。

 

話を戻しましょう。

当日ご一緒したのは社中の中でもベテラン揃い、皆慣れた手つきで粽をほどき

菓子切りで一口切っては口中へ。

「やっぱり道喜は違うねぇ」と口々に言いながら美味しく頂戴しました。

その後いただいたお抹茶も今日のために特別に調合された薄茶。

お茶の銘は当日、講演をしてくださった僧侶が修二会にちなんでつけておられました。

 

美味しい一服を頂いて、講演を聴くサロンへ。

天井がドーム型になっていて壁には有名な絵が何枚あるんだろうというぐらい掛けられていました。

普段はコンサートなどをされているスペースで、ドーム型の天井が音楽を響かせて良い音響効果があるそうです。

 

講演は約2時間。

その後、お庭の東屋で館のマダムお手製の焼き菓子と紅茶をいただき、

邸内のお庭(と言うより山)を散策、バルコニーからは遠く、大阪湾や堺の港が見えました。

邸内の散策路に咲く花を愛でたり、景色を眺めたり。

 

東大寺の歴史や修二会の詳細を勉強でき、美しい景色を堪能し美味しいお菓子もいただいて、充実した楽しい時間を過ごすことができました。

 

午後からの集まりだったので数名で早めに集まって芦屋の駅近くでランチを食べました。

と言うわけで、今日の画像はそのランチ(笑)

 

可愛い手毬寿司、茶碗蒸しとお味噌汁、それに選べるお漬物が2種ついていました。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ

にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

5月13日 雨の中のバラ

昨年同様、5月の雨が最盛期のバラに降り続いています。

今日は朝から本降り、鉢植えのバラのうち、雨に当てたくないものは

軒下や自転車置き場に避難させました。

 

五月雨(さみだれ)は文字の通り、五月の雨のことですけれど

陰暦の五月なので今の暦でいうと5月の末頃から7月あたりのことなので

もう「梅雨」の季節そのものですね。

五月雨は陰暦五月に降る長雨のことで、雨そのものをさし、夏の季語です。

梅雨は季節自体を表す言葉です。

 

さて、そんな今日の雨に濡れたバラを少しだけ。

 

 

 

避難組

 

 

明日は出かける用事があるのですが天気予報によると今日よりも一層

雨が激しく降るそうです。

バラたち、傷まないといいのだけれど。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ

にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

5月11日 今日の庭  ほぼバラですが

ナツロウバイが咲きました。

今年最初の開花です。

 

 

ほんの2.3日前まで、まだ固い蕾で花がひらくのは1週間後くらいかな、と

勝手に思っていたのですが、今朝庭に出てみたら咲いていたので嬉しくなりました。

このナツロウバイは茶友と一緒に滋賀県山野草と花木のお店で購入しました。

一年目は蕾が付かず、2年目にやっと2輪、3年目の昨年からグンとたくさんの蕾をつけてくれるようになりました。

今年もたくさん蕾が付いています。

木が成長してきてくれたからですね。

 

こちらは白の芍薬

赤紫やピンクに少し遅れて開き始めました。

清純な白の芍薬、とても美しいです。

 

バラは前回までの記事と重複するものもありますが

サマーレディ

 

アフロディーテ

 

ブリリアントピンクアイスバーグ

 

こちらは白のアイスバーグ

 

ピエールドロンサール

 

赤旦紅心(ツダンホンシン) このバラも粉粧楼と同じくらい古くから我が家にいるバラです。

 

レヨンドゥソレイユ

 

あとは昨日までにご紹介したバラのその後の開花具合を。

 

 

 

 

 

 

 

あと数種類、これから咲き始めるバラが待機してくれているのですが

この週末、金・土と大雨の予報のようです。

 

軒下に鉢を動かすのは少々大変です。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ

にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

2022年5月9日 今日のバラ

午前中、晴れていたのに午後にはどんよりとして今にも雨が降りそうな一日でした。

結局、降りはしませんでしたけれど、天気予報は週末に向けて雨の傘マークが続いています。

バラの開花時期に雨が降るのはできればやめていただきたい。

 

今日のバラたちの様子です。

昨日の記事と重複する品種がたくさんですけれどご容赦くださいな。

 

粉粧楼 雨が降り出しそうだったので軒下に避難させました。

クイーン オブ スウェーデン

 

サマーレディー 開花迄もう一息

アウグスタルイーゼ

 

ホーム&ガーデン

 

オフィーリア

みんな大好き ピエールドロンサール

 

 

芳純 すごくいい香り

 

ジャクリーヌ・デュ・プレ

 

春芳 このバラもとてもいい香りがします。

 

そして、こちらは

 

 

杜若 かきつばた

スッキリとした花姿、深い紫が美しいです。

 

どうぞしばらく強い雨が降りませんように。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ

にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村