こと子の日々の暮らし方

夫婦と猫3匹との平凡な暮らしを日記代わりに綴っています

あちこち受診

あまり楽しい話題ではないのですが

このところ、自分自身のための受診が続いてしまっています。

 

始まりは先々週の歯医者さん

 

右下の奥歯のかぶせが取れたので - こと子の日々の暮らし方

 

その数日後、なんだか鼻の奥に違和感を感じました。

ちょうど眉間の少し下あたりの奥が重苦しくて鈍痛もありました。

もしかして副鼻腔炎

と思ってのでいつもは皮膚科でお世話になっている大学附属病院の耳鼻咽喉科で診ていただくことに。

予約外でしたけれど、新型コロナウィルスの影響か、待ち時間もほとんどなく呼び出し受信機が鳴って診察室へ入ることができました。

 

症状を訴えて、担当の先生が軽く鼻の中を見た後、

「うーーん、特に変わった様子はないようですけどねぇ。一応、MRIを撮りましょうか」

ということで頭部(目的は鼻の断面画像ですが)のMRIを撮りました。

 

で、画像を見ても

「何も異常はないですよ、綺麗なものです」

と言われるのです。

 

でも、先生 違和感があって鼻の奥が重くて鈍痛もするんです。

となおも訴えました。

 

担当の先生の説明によると、

副鼻腔炎というのは時間が経つと勝手に治ってしまう(重症のものを除いて、だと思いますが)ので炎症が治ってしまうと診察してもわからない、とのお話でした。

 

「とりあえず様子を見るということでいいと思いますよ」

 

ということでお薬の処方もなく帰ってきたのですが、8年前にも全く同じようなことがあって、やはりその時も

「なんの異常も見られません、精神的なものじゃないでしょうかねぇ」と、その時も違う先生からそう診断を受けたことがありました。

 

もしかしたら私は身体や気持ちに疲れが出ると鼻の奥に違和感を感じるタチなんでしょうか?

 

病院で会計待ちの間にカフェで時間潰しをしました。

 

f:id:hibinokurasikata:20200228014940j:image

朝ごはんを食べずに出かけていたので院内のタリーズでシナモンパンとサンドイッチを買ったのですがシナモンパンを食べたらお腹がいっぱいになってしまってサンドイッチは持ち帰りました。

 

その翌日には急性膀胱炎で近所の内科へ。

 

そして先週の日曜日。

それ以前から右膝に時々軽い痛みを感じていたのですが大した痛みではなく膝を曲げた時に少し痛む程度のことで、心の片隅に少し気にはなっていたのですが正座のしすぎかな、くらいの気持ちでいたんです。

日曜日、お茶のお稽古に出かけ、特別公開の光照院を見学したその夜、右膝に痛みが、それまでとは全く違ったかなりの痛みで、

以前に夫が足首を捻挫した時に処方してもらっていたロキソニンの湿布薬を貼って眠りました。

翌日の三連休の最終日、月曜日は実家へ行くことになっていました。

母の検査と診察の付き添いのためだったので予定を変更するわけには行かず、湿布を貼って出かけました。

で、結果、母がMRIの検査中に具合が悪くなり入院するということになってしまったわけですが

母、入院する - こと子の日々の暮らし方

 

母を車椅子に乗せて押して歩いたり、

入院の手続きのために院内をあちこち歩いたり、病院と実家や叔母の家を行ったり来たりして、

その後、列車に乗る頃には右膝は激痛がはしり

歩くのも右足を庇って引きずるようにしなければ歩けなくなってしまっていました。

なんとか京都に戻ったなですがその夜はあまりの痛みでほとんど眠れず、翌朝、近所の整形外科を受診しました。

 

診察台に横になって膝を触った先生が

「水が溜まってるね、念のためにレントゲンを撮りましょう」

 

レントゲン写真を見て、

「関節の骨も軟骨も問題はありませんね、

……   まぁ、老化ですね」

と、老化、云々の部分は私の顔を見て言いにくそうに微妙な笑い顔でおっしゃいました😅

 

「水を抜きましょう、ただの炎症なら透明の黄色い水が出てきます、細菌感染なら赤い水、痛風なら白く濁った水 -----」

そのほかにも水の色の説明をして下さったのですが忘れました(^^;;

 

「針を刺しますよ、少しがんばってね」

の言葉と同時にチクリと注射針が刺さり膝にたまった水を手で押し出しながら吸い取っているようでした。

そのあと、ヒアルロン酸の注射をして、

炎症止めの飲み薬と湿布を処方してもらって

1週間後にもう一度受診するように言われて帰ってきました。

 

水を抜いてヒアルロン酸の注射をした後も痛みは変わらず続いていたのですが一晩寝て朝起きると嘘のように痛みが消えていてやれやれです。

 

なんだかこのところお医者さんのお世話にばかりなっていて嫌でも自分の年齢を考えずにはいられません。

 

91才の義父と、87才の義母と実母。

これからが正念場の我が家です。

自分の身体のケアを怠らないようにしなくては、と改めて思っています。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

母、入院する

先週末からの三連休の最後の日、実家へ向かいました。

翌、火曜日に母の年に一度のMRI検査と月に一度の受診の付き添いのためでした。

 

25日、朝病院へ入り、MRI検査室に入った母は40分後にふらふらになって

検査室から出てきました。

どうやら検査中に気分が悪くなったようで立っていることも座っていることもできなくなり

急いで看護師さんに連絡して車いすをお借りし

とりあえず処理室のベッドで横にならせていただき経過を見ました。

血圧が190以上にまで上がっていて

吐き気もあるそうでした。

担当医に診ていただき、担当医は一過性のもので落ち着いたら大丈夫だろう、との

診断だったのですが母は不安でたまらなかったようで

入院をさせてもらえるよう頼んでほしい、とのことで

お願いしてそのまま入院させていただくことになりました。

病室の準備ができるまでの間に入院前の検査がいくつかあり

ふらふらで車いすで移動しながら検査をする母がかわいそうでした。

仕方ないとはいえ、具合が悪い時の検査は何とかならないのか、と思ってしまいました。

血液採取、尿採取、レントゲン、心電図を終わった頃に

「病室の準備ができましたよ」

と看護師さんが呼びに来てくださいました。

 

入院病室のベッドに横になってほっとした様子の母、

一方の私は、そこから数枚の書類の記入、

実家へ取って返して母の入院のための荷物を支度し、

新聞屋さんや牛乳やさんに配達の一時停止の連絡、

近所に住む叔母の家に入院の保証人(私以外にもう一人必要でした)になってもらうために書類を持っていき、

実家の電気とガスの元を停止してまた病院へ戻りました。

 

高齢になるといつ何が起きるかわからないので

いつでも入院できるようにバッグに一通りのものを詰めておくことが必要、と痛感しました。

幸い、私は母のものが家のどこに何があるかを把握しているので

母が話すこともつらい状態でも家に帰って入院のための必要なものを揃えることができましたが、高齢になってそういうことができる身内や身内に代わる人がいないと

本当に大変でしょうね。

夫の両親の家については夫も私もどこに何があるか

ほぼ把握できていません。

嫁の立場となると、勝手にあちこち開けることも憚られ、

では夫とは言えば、私以上に何がどこにあるかわかっていない、という始末で

これからどうなるんだろう、と不安が募ります。

義母には年の離れた妹が九州に住んでいて、その妹が「お姉ちゃん、家を処分するならその前に私が欲しいものを取りに行くから勝手にしないでね」と連絡が来ています。

認知症の初期症状が出ている義母ですので「大事なものがどこにあるかわからない、あれこれが無くなった」、と我が家に電話してくることもたびたびあって

けれどそういう日常を九州の義理叔母は詳しくは知りません。

私が義理実家の片付けを手伝って、後になって義理叔母から

「あるはずのものがない」といわれる心配なども頭をよぎり

片付け作業を手伝うにも気の重いところです( ←愚痴です・;´Д` )

 

 

 

さて、母の入院の手続きを終えてもう一度実家へ戻り

私もいったん京都に戻ることにしました。

 

f:id:hibinokurasikata:20200227143646j:image

 

 

 

実家近くのお寺

『亀山御坊 本徳寺』

 

k-hontokuji.com

 

ja.wikipedia.org

 

1515年に開山された古くてとても広い境内を持つお寺です。

西の本願寺と言われていて新選組とも縁があるらしく映画やTVのロケなども時々

行われています。

姫路には書写山円教寺という、西の比叡と呼ばれている天台の古刹などもあって

西日本の一つの要所だったことが感じられる歴史のある街です。

 

↑の亀山御坊本徳寺の近くにはまるで京都の寺町や寺之内通のように

数々のお寺が集まっていて、その中の一つのお寺の境内に見事な梅が咲いていました。

 

f:id:hibinokurasikata:20200227143659j:image

 

 

あと二日で2月も終わり。

新型コロナウィルスの影響で様々なイベントの取りやめが始まってます。

大学では先頭を切って近畿大学が「卒業式・入学式それに伴うイベント」の中止を発表されました。

苦渋の決断だったでしょうがマンモス大学の英断にきっと右へ倣えをするところが出てくることでしょう。

この春、卒入学を控えている方やその後親族の方の心配な気持ちや

残念な気持ちを考えると何とも言えず切ないです。


にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

なぜか、京の冬の旅(笑)

昨日のお茶のお稽古、

いつもより早めにお稽古場を出て、

「時間が大丈夫なら一緒にどう?」と誘っていただいて

『 京の冬の旅 非公開文化財特別公開 』

で公開中の尼門跡寺院

 

光照院へ行ってきました。

 

f:id:hibinokurasikata:20200225004020j:image

 

 

光照院門跡|【京都市公式】京都観光Navi

 

観光寺院ではない門跡寺院は昨今、お寺の維持が大変難しいようで

院内の建物のうちいくつかは一昨年、関西を襲った台風の被害の修復が出来ていないようでした。

 

有名な寺院で観光客が年中訪れるところや

特別貴重な寺宝も有しているところ、

墓所や駐車場など土地を利用して経済的に潤っているところを除いては、所謂檀家さんを持たないお寺を維持していくのは大変なことなんだろうと思います。

ボランティアガイドさんから修復のための寄付の案内などもあって文化財の保護の難しさも感じた訪問でした。

 

こちらの門跡は門の中については建物も外の景色も写真の撮影は禁止ということで、

入口の門のみ画像を撮らせていただくことができました。

 

f:id:hibinokurasikata:20200225003157j:image


f:id:hibinokurasikata:20200225000151j:image

 

寺内のお庭に樹齢500年と言われる、それは見事な五葉松の大木があって、その松の緑から、

常盤御所と呼ばれていたそうです。

 

この光照院は同志社大学、新町学舎のすぐ北側に位置しているのですが

上立売新町を少し西に入った露地から袋小路になっている道をいかなければたどり着くことができない場所で少しわかりづらいかもしれません。

 

御本尊の清涼寺釈迦はそう古いものではありませんが今回、特別に本堂において公開されていた毘沙門天さんは本来なら毘沙門堂に納められていて年に1日のみの公開、ということでした。

貴重な毘沙門天を拝見することができました。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

明るい空色の源氏香の小紋でお稽古

2月最後の日曜日

風が少し強かったですけれど晴れていいお天気でした。

 

相変わらず外国からの観光客の姿をあまり見かけない京都の町、

お茶のお稽古仲間の皆さんは他府県から来られる方が半分強いらっしゃいます。

皆さん、口々に

「電車が空いている」と。

 

 

さて、2月最後のお稽古は

明るく淡い空色の小紋で出かけました。

源氏香文様が白で入っている綸子ですっきりとした小紋です。

綸子なので着付けるときに少し気を使います。

腰ひもや着物を押さえる伊達締めを締めるとき、つるりと滑ったまま

着付けてしまうと動くにつれて着崩れてしまう元になります。

 

f:id:hibinokurasikata:20200224004442j:image

 

帯は博多織風の柄行の西陣織です。

薄くて結びやすく、柄が片側にだけ折り込んであるので

お太鼓を作るときに柄合わせもしやすい帯です。

と、言いつつ画像を確認したらお太鼓が右側に傾いでいますね( ノД`)

 

帯揚げは一昨日、ピンクの万筋江戸小紋に合わせた白地にピンクの小花の刺繍が入ったもの。

帯揚げは着物の色に合わせて明るい水色の冠組にしました。

 

お天気が良かったのでこの上に、やはり一昨日出かける際に羽織った

香りを仕立て直したピンクに花柄が散らしてある絵羽柄の道中着を合わせました。

 

私は本日、「水屋・見学」の枠でのお稽古だったのですが

少しお稽古時間に余裕ができた、ということで代稽古を見てくださっている先生から

薄茶の点前をしなさい、と言っていただき思いがけず点前の稽古をさせていただくことになりました。

 

まもなく3月。

今年は暖かい冬のせいで梅はすでに満開、

桜も3月の半ばくらいには咲き始めそう、とのことで

卒業式にぎりぎりまだ咲き残っているかどうか、という予報だそうです。

せっかくの桜の季節、まだ新型コロナウィルスの影響が収束していなさそうな気配で

今年の京都の桜はゆっくりと見ることができるかもしれません。

 

明日からまた実家に向かう予定。

連休明けの火曜日には母の年に一度の検査があるので病院に付き添うのですが

長時間の病院で(ないとは思いますが)母が感染するようなことになったら、

と少しの不安がぬぐい切れません。

 

お隣の県にお住いのブログ友さんの記事にも、

いつもより病院が空いている、と書かれていましたが

私が先週、近所の内科にかかった時も、月に一度の大学病院の通院日も

やはりいつもより空いていました。

ということは、いつもは不要不急の人もかなり受診しに来ている、ということ?

実母が介護保険後期高齢者医療、特定疾患医療のお世話になっている私が言えることではありませんが

いつもの込み具合はいったい何だろう、と少し思わずにはいられません。

 


にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

両面テープで貼るだけの半襟を試してみました。

最近、台所に立って食事の支度をしていると我が家の長男猫タイガーが

「かまって!」と半ギレでやってくるようになって困っています(-_-;)

胸元や、後ろから背中に飛びついてきて抱っこをねだり

下ろすと切れて鳴きまくり(゚Д゚;)

ヤ〇ザが因縁つけてくるみたいにすごんで鳴きます。

推定4才8か月のタイガーさん、猫の年齢換算表で確認してみると

猫の5才は人間だったら36才ですって。

我が家にやって来た時からすごく甘えん坊だったタイガー、

初めての日から私とベッドで眠り、私が家にいる間はほぼずっとそばにいます。

ちょっと分離不安気味?と心配した時もあったのですが

男の更年期には少し早いみたいだし、

甘やかしすぎて図に乗ってしまったんでしょうか……

猫も過度の甘やかしはまずい、という見本のようなタイガーさん

困ったもんです。

 

 

さて、先日ネットで購入した、「両面テープで貼るだけの半襟

昨日、京都国立博物館へ出かける際に試してみました。

 

まずは半襟の裏面(起毛面)の両端に両面テープを貼ります。

 

f:id:hibinokurasikata:20200221155058j:plain

大雑把な性格がわかるつけ方(*_*)

少しずれてます、が、この際気にしないことにします(^-^;

 

説明書に、襦袢の裏側から貼るように書いてあったので

裏地側の襟に貼りました。

 

f:id:hibinokurasikata:20200221155055j:plain

 

わかりにくい画像ですけれど

襦袢の裏面に半襟を貼ったところです。

 

f:id:hibinokurasikata:20200221155102j:plain

ちょうど襟幅の半分の幅の半襟なのでこれから画像で上側になっている半襟を後ろ側に折り込みます。

 

折り込んで襦袢の表側の襟に貼りつけたところがこちら↓

 

f:id:hibinokurasikata:20200221155047j:plain

 

宣伝文句に嘘はありませんでした。

説明書を見ながらの作業でしたので

書いてあるように1分で完了、とはいきませんでしたけれど

慣れれば1分でできそうです。

 

この半襟、通常のものと違って厚みがあって

半襟の裏側に襟芯が貼ってあるような感じです)

襟芯を入れなくてもOK,とのことでしたけれど

襟がしっかり固めの方が好きな私はポリエチレン製の柔らかいタイプの差し込み襟芯を入れて着用しました。

長襦袢の襟幅と同じ幅の半襟で両面をテープで止めての装着ですが

それでも差し込み襟芯を無理なく入れることができました。

 

昨日、京博に出かけた時の半襟の様子はこんな感じです↓

 

f:id:hibinokurasikata:20200221154942j:plain

 

着物から出ている部分があまり多くないのでわかりにくいですが

全く問題なく、いや、むしろ不器用な私がチクチク手で縫い付けた時よりも

すっきりとした感じになっているように思いました。

 

便利なのであと2.3枚、この半襟を買い足そうと思います。

 

わずかに気になっているのはテープを貼ったりはがしたりを繰り返した襦袢の襟が

どんなふうになるのかな、ということなのですが

襦袢を脱ぐとすぐに剥がしてみて問題ないように思いました。

 

これまでは『洗える絹の半襟』を使っていましたけれど

便利グッズも上手に取り入れて『時々着物生活』をストレスなく続けていきたいと思っています。 


にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

一気に春めいたのでピンクの着物で京都国立博物館へ行ってきました。

春が来たような一日でしたね。

あまりに暖かくて気持ちのいいお天気だったので

なんだか家にいるのがもったいないような気がして

思いついて京都国立博物館へ名品展を見に行ってきました。

 

f:id:hibinokurasikata:20200221154936j:plain

 

https://www.kyohaku.go.jp/jp/theme/index.html

 

f:id:hibinokurasikata:20200221154946j:plain

 

お目当ては

f:id:hibinokurasikata:20200222010901p:plain

 

↑これだったんですけど

ほかにもお茶道具や焼き物、仏像や神像、お雛様など

見どころ満載で気が付けば2時間も博物館の中にいました。

 

羽織ものもいらないほどのお天気だったのですが

帯付き姿はさすがに憚られて、

 

f:id:hibinokurasikata:20200221154953j:plain

 

道中着を着て出かけました。

ピンクの着物にピンクの道中着、どうかなぁと少し迷ったのですが

絽の塵除けや紋紗の道行きはまだ早いような気がして

かといって、手持ちの袷の道行きや道中着は色が重いので

ええい、ままよ!とこの組み合わせで出かけました。

 

この道中着は元は羽織だったものを仕立て直したものです。

 

道中着の下は

f:id:hibinokurasikata:20200221154959j:image

 

2月の最初のお稽古に結んで出かけた水仙の染め帯です。

この帯も今日でおしまい。

また来年の1月までは出番はありません。

 

着物は江戸小紋

万筋文様です。

帯揚げは薄桃色の花の刺繍の入った白の縮緬

帯締めは白と桃色が右と左で半々に組まれたもの。

 

帯締めは柄が組み込まれたものやポイントが作ってあるものなどは

結んだときに体の左側に出るようにするものなのだそうです。

(あくまで個人の好みでいいとも思うのですが)

日本においては昔から左が上位とされているので

帯締めも左に見せたい方を持て来るということなのでしょうか。

 

 

京博でこの↓展覧会のチラシがスタンドに挿してありました。


f:id:hibinokurasikata:20200221154956j:image

 

この展覧会、ぜひとも見てみたいのに東京だけの開催で他方への巡回は予定されていないんです。

行ってみたい、どうしよう……

猫たちを夫に任せて一人で行ってこようか、

それでなくても実家の母のことで何度も家をするにしているのに

この上、展覧会に行ってくるから猫たちのこと、よろしくね、というのも

憚られます。

うーーーーん、悩ましい。

 

京博を出て、京都駅ビルの地下にあるサー・トーマス・リプトンでお茶して帰りました。


f:id:hibinokurasikata:20200221154949j:image

 

リプトンも、博物館も(もっとも特別展をやっているわけではなかったのですが)、

京都駅の伊勢丹も、

駅前のいつもなら列の最後がどこかわからないほど長くなってる系統のバス停も

まるでいつもの景色が嘘のように人がいませんでした。

 

不謹慎なのは承知で、どこに行ってもゆったり落ち着いていられるのは

ちょっとありがたかったのですが

いまやインバウンドなしでは成り立たなくなっている京都の町に大変なことが起きていることを

実感した一日でした。 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

包丁を取りに

朝、カーテン開けたら一階の屋根の上や庭の木々に雪が積もっていました。

天気予報では20センチほどの積雪、ということでしたけれど

当地はそれほど降らずに済んだようで

道路の雪は朝には溶けてしまって雪が残っているのは土の地面や

瓦や木や草の上だけ。

アスファルトやセメントの上って雪が溶けやすいんでしょうか。

 

本当なら今日のような寒い日は出かけたくないけれど

毎月の大学病院の皮膚科の診察日だったのであったかくして出かけてきました。

いつも長い廊下の待合の椅子に座るところがないくらい待っている人がいるのに

なんだか今日は空いていました。

会計窓口も、支払いの計算機もいつもより早く順番が来て、???

そういえば先週の水曜日、膀胱炎のような症状が出て近くのホームドクターで診てもらった時も、(祭日明けなのになんだかいつもより空いてるわ)と思ったのでした。

 

もしかしたら

新型コロナウィルスの影響で人々が外出を控え

病院へ来る人も減っているのかもしれません。

むかし、漫才で

「あら、今日は○○さん来てないわ、どこか具合でも悪いんかしら」と

病院の待合室での会話をネタにしたものがありましたけど

病院の待合室をちょっとしたサロン化しているご年配の方々が

外出を控えているせいで病院もいつもより空いているのかもしれません。

 

病院での診察を終えて、向かった先は錦市場の中の刃物屋さん。

『有次』さんです。

www.kyoto-nishiki.or.jp

 

いつも使っているmy包丁

 

f:id:hibinokurasikata:20200219005257j:plain

有次の三徳包丁です。

この裏の刃に私の名前が掘ってあります。

年に一度か二度、お店に持って行って研いでもらいます。

お預けしてひと月くらい、研ぎあがった包丁を受け取りに行ったわけです。

 

錦も、いつもの「人とぶつからないと歩けない」くらいの喧騒はありませんでした。

 

京都はホテルなどのキャンセルが相次ぎ、嵐山などの有名な観光地も人が少ない、

とニュースで閑散とした観光地の様子を映し出していました。

いつも外国からの観光客でバスも満足に乗れない、など不便を感じていただけの身としては所用で出かける先が空いているのはありがたい(感染への不安はありますけれど)

ですが、インバウンドで生活している産業に携わっている人々にとっては

今回の新型コロナウィルスの感染が早く収束してくれないと死活問題になってしまいます。

 

いったいいつになれば落ち着いた生活が戻ってくるのでしょう。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村