こと子の日々の暮らし方

夫婦と猫3匹との平凡な暮らしを日記代わりに綴っています

ファイザーのワクチンを打ってきました。

前回の記事に書いたように

コロナワクチンの供給不足で一旦キャンセルになっていたワクチン、

接種してきました。

まだ接種した箇所(左上腕)が痛いです。

 

かかりつけ医として毎月アレルギーのお薬を処方してもらっている近所のクリニック。

予約時間ぴったりに来てください(早めに行くと待合室が密になってしまうため)とのことで変に生真面目なところがある私、時間ぴったりに行きました。

 

接種の予約は13時だったのですが待合室は座るところがないくらいいっぱいで

どうやら少し時間が遅れているようでした。

名前を呼ばれるのを待っていると二人隣に座っていた中年の女性(私よりは明らかにお若い)が

「腕や足に赤い発疹が出てきました」と看護師さんに腕を見せていて

びっくりして私も思わずのぞき込むとその女性の両腕内側に発疹が……

 

どうしよう、怖い……

ドキドキしていると名前を呼ばれて処置室へ。

いつも穏やかな顔で対応してくださる先生が

「大丈夫ですよ、痛くないからね」と。

いやいや、痛いことは怖くなくて私もあの人みたいに副反応が出るのが怖いんだよ、と心の中でツッコミ入れながら無事接種終了。

 

タイマーを渡されて15分待機して、体調に変化がなかったので帰宅しました。

夕方4時頃、ふと腕を見ると

ええっ‼

赤くなってる! 赤くなってるやん‼

打たれ弱い私はなんだかもう頭も痛いような気がしてきて、でも夫はその時、所用で外出していたので

(どうしよう、クリニックに電話してどうしたらいいか聞いてみようか、それとも夫が帰ってくるのを待って腕を見せて相談してみようか)と思案。

1時間ほどすると自然に赤くなっているところから色が引いてもういつもの私の(たくましい)腕に戻ってました。

と同時に夫も帰宅。

事情を話して腕を見せるも

「もう消えちゃったんやね」…… そうですけどね。

 

お医者様からはお風呂も入っていいと言われていたけれど

身体を温まるのが怖くてその夜はシャワーにしました。

で、今日、接種したところの筋肉痛はまだ取れません。

でも、腕は動かすことができるし日常生活に不便は何もないのですが

何となく『私はワクチン打ったので安静が必要なのよ、でもちゃんとご飯の支度はしてるのよ』モードを醸し出しながらいつもより手の込んだ夕食を作りました(-。-)

 

実はワクチン接種の前日・前々日と、バタバタで実家へ行っていました。

母の用事をこなすためと、実家の庭の草むしりなどしてきたのですが

行きのJR,琵琶湖線で暑さのあまり線路から煙が出て火災になってるとかで

約1時間の遅延、

やっと来た列車に乗ったら本来、姫路行きの列車は急遽ずいぶん手前の駅までしか行かないことになり、沿線を並走する私鉄に慌てて乗り換えました。

様々な手続きのために役所へ行く約束をしていた時間にあわや遅れそうになったのですが何とか滑り込みセーフ。

最近のお役所は昔と違って親切になりましたよね。(たまに横着な感じの人もいますけれどね)

 

で、帰りの電車で!

神戸市の中心地に三ノ宮というところがあるのですが

その三ノ宮駅に列車が到着した時に数人の男の人がホームをバタバタを走っていて

大きな声で

「電車に乗り込んだ!」

「あっちや!」

「線路に飛び降りた!」

と、なんだか緊迫した異様な雰囲気。

電車はドアを開けたまま三ノ宮駅に停車して10分ほどたったころ

「ただいま駅構内および車内でトラブルがありそのためこの列車は停車しています」と何度か車内放送がかかりました。

 

どうもね、何かの容疑者が警察に追われて駅構内に逃げ込み

私が乗っていた列車に乗り込み、捕まりそうになってホームに出て線路に飛び降りて逃げていたようです(後でわかった事情です)

警察官やJRの制服を着た人が大勢、ホームや線路にいて

電車は「安全確認が取れるまで停車します」って。

30分ほどしてどうやら容疑者は確保されたらしく

「線路上の安全が確認できたので」列車は無事に動き出しました。

 

2日続き、行きも帰りもこんなトラブルに見舞われるなんてびっくりです。

 

さて、ブログのお友達が紹介してくださったトマト「麗夏」

我が家も今年、苗を購入して育てているのですが

f:id:hibinokurasikata:20210730120328j:plain

少しずつ色づいてきました。

食卓に登場してくれる日が今から楽しみです。

 

こちらは先日の蓮とはちがう種類の蓮

f:id:hibinokurasikata:20210730120331j:plain

上のピンク色の濃いのが花が開いた一日目。

下の花びらが白くなって縁に少しピンクが残っている状態が二日目の様子です。

どちらもきれいだけど私は二日目の白っぽくなった花の方が好きかも。

 

今朝の睡蓮たち

f:id:hibinokurasikata:20210730120335j:plain
f:id:hibinokurasikata:20210730120325j:plain



と、メダカ

f:id:hibinokurasikata:20210730120338j:plain

 

私の実家がある姫路の瀬戸内沿いにレンコンが特産の地域があるのですが

母の所用で出かける途中でハス畑がありました。

 

f:id:hibinokurasikata:20210731011717j:plain
f:id:hibinokurasikata:20210731011711j:plain

 

f:id:hibinokurasikata:20210731011705j:plain
f:id:hibinokurasikata:20210731011725j:plain

 

食用のレンコンを採るための蓮は花が付かない品種、と聞いたことがあるのですが

昼下がりにこれだけ咲いているのなら早朝に見たらもっと咲いているかもしれませんね。

 

夏の茶室の床に蓮が入っているのも如何にも涼し気でとても素敵です。

ハスは水揚げが難しく、茎の穴から水を強く吹き込むことで水揚げをするそうなのですが、以前、お稽古仲間で陶芸家の福森さんのお宅に夏にお邪魔した際に

お座敷の床に蓮の花が活けられていて本当に素敵だったことをふと思い出しました。


にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ

にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

7月最後のお稽古

言いたくないけど……

暑いです。

日の光が痛い、そんな感じ。

外に出ると白いと感じるほどの夏の日差し。

メダカたちの鉢の水も40℃近くまで水温が上がっています。

それでも日々その鉢の中にいるメダカたちは徐々に上がる水温に適応して

手を入れるとお風呂のような水(温水)で元気に泳ぎ回っています。

 

そんな暑い中、昨日も着物でお稽古に行ってきました。


f:id:hibinokurasikata:20210725171833j:image

 

古い反物を昨年仕立てた藍染の綿紅梅の浴衣

広襟で居敷当てと肩滑りをつけてもらっているので麻の襦袢の上に着ても

まつわりつかず動きやすいのですが

綿コーマのように目が詰まっていない綿紅梅ですけれども

絹の夏着物に比べるとやはり綿は糸が太いので暑いです。

 

帯は博多の夏献上 こちらは薄くてもしゃきっとしている織なので

締めやすく軽くて着ていても快適なので夏には重宝する帯です。

 

帯揚げは夏縮緬、白地に赤の梅の飛び絞りが入っています。

帯締めはレースの薄灰色。

 

朝からお稽古に出かけ、午後3時に宗匠のお稽古場を失礼させていただいて

その足で大丸に買い物に出かけました。

(母から指令が来た用を足すための買い物です・汗)

母に言われた買い物を済ませ、ついでに夕食用の買い物を、と地下フロアに降りて

魚屋さんでお刺身を物色していると近くで同じように魚を見ていたご婦人(おそらく70代後半くらい)が、つつっと傍に来られて

いきなり袖をぐっとつかんでモミモミして

「あなた、えらいわねぇ、こんな暑い日に着物きて」と話しかけてこられました(゜-゜)

話している間も袖をつかんでモミモミ!手触りを確認されていたのでしょうか……

 

ちょっと引きつつ、「たまたまお稽古の帰りなので  ごにょごにょ」とお返事しますと

「あら、お茶? 私も若い頃はねぇずっとお稽古してたんだけど最近は膝が痛くて正座ができなくてね、どこでお稽古されてるの」とお話が止まりません。

 

時々あるんです、お稽古やお茶会などの行き返り、着物着ていると

話しかけられること。

そして大抵、「私も昔お稽古してた」と仰います(笑)

でも、着物警察じゃないから

「あんた!そんな着方して!」なんていう御指導はいただくことはなく

ほぼすべて「やっぱり着物はいいわねぇ」で着地するからむしろありがたく嬉しいお声がけなのですけれど、

昨日の、袖つかんでモミモミ、はさすがに引きました。

いろんな方がいらっしゃるわ。

 

そんなこんなで、夕食用のお刺身とデザートの果物と

お野菜を少し買って家路につきました。

 

今年は昨年同様、8月もお稽古をしていただけます。

例年、8月は暑くて稽古もつらいから、という理由でお稽古はお休み、その代わり

勉強会として、様々なお茶に関係する場所に見学に行ったり

(お茶碗の楽さんや、お釜の大西さん、畳屋さんや茶室建築に携わる職人さんなど)

亭主と水屋、客に分かれて、一から料理を作っていただく懐石の勉強会やらするのが恒例だったのですがコロナで大勢が集まることを避けるために全員が集まっての勉強会は中止、で、代わりにお稽古をしていただけることになりました。

 

昨日のお稽古では7月の日曜も最後、ということで

コロナでお出かけを控えられていた方が数名、ワクチン接種を終えたので、と夏のご挨拶に見えて久しぶりの御目文字に話が弾みました。

 

我が家は、近所のかかりつけの内科で予約を取っていたのが

「京都のワクチン供給が追い付いていない」ということで一旦キャンセルになったのですが

「ワクチンが入りそうなので」とお医者様から連絡をいただいて今週末に1回目を接種することになりました。

ちょっとドキドキ。

アレルギー持ちなので副反応がでないか心配です。

お医者様は「若い女性が一番出やすいんですよ」と暗に(あなたは大丈夫!)と

仰いました(;'∀')


にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ

にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

買ってよかったもの2つ

また更新さぼってしまっていました。

夏バテ? でもないんですけど急に暑くなっちゃって(梅雨が明けて京都は連日37℃超えの日が続きました)

やっぱり祇園祭の巡行の日を超えると確実に油照りの京都の夏がやってきます。

 

せめて目には涼しく。

 

蓮の蕾、すっと立ち姿が清らかで仏教で尊ばれる花というのも納得できる気がします。

 

f:id:hibinokurasikata:20210718164127j:plain
f:id:hibinokurasikata:20210721101148j:plain



睡蓮たちも毎朝咲いてくれているのですけれど画像を撮るのを忘れている間に

午後になると花が閉じてしまいます。

f:id:hibinokurasikata:20210718164123j:plain

 

5年近く育ててやっと今年初めて花が咲いて、でもかわいくないからちょっとつまらないわ、と思っていた山こんにゃく。

実がなりました(毒々しいです)

f:id:hibinokurasikata:20210718164057j:plain

 

(当たり前だけど)白のカサブランカ

f:id:hibinokurasikata:20210718164146j:plain
f:id:hibinokurasikata:20210718164120j:plain

 

さて、先日「買いました」とご報告していたユニクロのエアリズムペチコート。

hibinokurasikata.hatenablog.com

これ、着物ブロガーさんが大勢愛用されているのも納得!の履き心地です。

長襦袢の下にこのペチコート(ステテコ・笑)を着用していると

何時間も正座していても膝の裏や太ももの裏など、汗ばんだりせず

快適に過ごせました。

私が購入した品は結構長さがあるので洋装の時にスカートの下に履くと裾から見えてしまうのですけれどあまりの快適さに、裁縫が苦手な私ですら

(丈を短くして洋服の下にも履きたいわ)と思ってしまうほど。

買って正解でした。

夏、着物でお稽古される方、お奨めします。

 

あともう一点。

これ↓

 

f:id:hibinokurasikata:20210723001542j:plain

こちらもネットで評判の商品です。

ダイソーで販売されているお風呂の排水溝に置いて使う

「くるっとキャッチ」

ネットの評判をみて試しに2つ買ってみました。(一つは予備です)

お風呂の洗い場の排水溝に元々ついているごみ受け(?)を取り外して代わりにこのくるっとキャッチを置くだけ。

毎日、お風呂でシャンプーした後に抜けた毛を集めててたのが

もう気持ちいいくらいに真ん中のへこみに勝手に集まってくれちゃって

ポイって簡単に捨てることができるようになりました。

これで110円なんて‼ ダイソーさん、すごすぎます。

 

100均って侮れないですよね、ありとあらゆるものが売ってます。

こういうのはどこに行ったら売ってるんだろう?ってカテゴリがよくわからないものも100均に行けばたいてい見つかるし。

 

私、以前は100均ってあまり行ったことがなかったんですけれど(そもそも京都には100均の大型店がない!)実家の近くに某100均の超大型店が出来て

ちょっと覗いてみようといってみて、それから100均に対する認識を改めました。

100均、すごいぜ(香川照之さんに言ってほしい)

 

さて、明日はお茶のお稽古です。

何を着て行こうか、まだ決めかねていますが

明日も暑くなるんでしょうねぇ。。。


にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ

にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

絽の茶屋辻小紋でお稽古へ、10日振りの更新です。

実家の母関係でちょっとバタバタしておりました。

気が付けば前回の更新から10日が過ぎ、その間、着物を着る機会もなかったのですが

先週、土曜日 やっと(!)お茶のお稽古に行くことができました。

 

f:id:hibinokurasikata:20210718195107j:plain

 

灰色味のある水色の絽の小紋、白で茶屋辻文様が染められています。

合わせた帯ですが説明が難しい……

太鼓柄の九寸名古屋なのですが渦巻柄部分は極薄い、ちょっとオーガンジーのような織になっていて、柄の入っていない部分は(多分)白と金色の糸を縦横に市松の凸凹が出るような織り方がしてあって光沢があります。

手触りも張りがあってざらっとした感じ。

正絹に金属糸(金糸)が織り込まれているからなんでしょうけれど不思議な艶が出ています。

 

帯揚げは白の絽で撫子の地模様

帯締めは生成色のレースです。

 

お稽古の時に、夏の着物談議になって

「昔は夏専用の帯締めなんてなかったわよねぇ」と。

 

そう、レースの帯締めなどの夏用の帯締めが売られるようになったのは案外近年のことでそれまでは帯締めは年中同じものを使えていました。

特に冠組は「一年中 使っていいのよ」というのが私たち世代の常識でした。

帯揚げも格別に夏用の物を準備しないといけないということはないと思います。

流石にシボの大きな匁の大きい帯揚げは暑苦しい印象になるので避けた方がいいでしょうけれど。

 

さて、祇園祭はこの夏も神事のみが行われていますけれども

「技術の伝承」という名目(名目なんだと思います、たぶんね)の元、

いくつかの鉾町では鉾立建てが行われてちまきや手ぬぐいなどをテントを張って販売(授与)していましたし、

お囃子も「コンチキチン」と鳴っていました。

ちょうど鉾建ての最中に美容院に出かけ、帰り道 高島屋さんに夕飯の買い物に立ち寄りましたら

地下の特選コーナーで川端道喜(かわばたどうき)さんの粽が売られているのを見かけ

最後の二つになっていたのをGET!

f:id:hibinokurasikata:20210718164110j:plain
f:id:hibinokurasikata:20210718164116j:plain



川端道喜さんは室町時代からずっと毎朝、御所に天皇さんが召し上がる朝食のお餅を運んでいた、とい歴史を持つお店で、

五月の節句の頃、京都では粽と言えば川端道喜さんの、というほどなのですが

祇園祭の頃にも高島屋に品物を卸しているのです。

お値段を言うのもなんですが…… 粽5本で3,900円でございます(^^;)

さも、さすがに丁寧な作りで、本当は私は水仙粽の方が好きなのですけれど

残念ながら羊羹粽しか残っていませんでした。

もちろん羊羹粽も品のいい味で美味しくいただきました。

5本がまとめてありますので夫と2本ずつ、残りの一本は当然ながら私のおなかに収まりました。

 

f:id:hibinokurasikata:20210720012618j:plain

 

お茶のお稽古でも毎年5月の節句には主菓子に粽をいただきます。

お稽古に通い初めの初心者の方が四苦八苦して召し上がる粽ですけれども

なので、私は粽をほどくのもきれいに頂くのもいただいた後の笹を品よく片すもの得意です!えっへん(笑)

 

京都御所には代々の道喜が献上の際に毎日通った専用の門「道喜門」が今でもちゃんとありますよ。

 

同じ御所の御用達で有名な虎屋さん、東京のお店というイメージが強いかもしれませんけれど

天皇さんが「ちょっと行ってきます、すぐ戻ってきます」と江戸へ向かわれ、

一度は本当に京都に戻られ、二度目に江戸へ行かれる際に御所のご用を務めていた様々な店がそのまま京都に残って「お帰りを待っている」中、

虎屋さんは天皇さんから「ついてきてくれるか」とのお下知を賜って東へ付いていったというのは京都では皆が知っているお話です。

梅雨が明けて油照りと言われる京都の夏がやってきました。

庭の蓮や睡蓮の花を次にはご紹介します。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ

にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

ヤマユリの開花と熱帯睡蓮たち

来週あたり梅雨が明けるかも、とのことですけれど

このところ、一日のうちの数時間は激しい雨が降る日々が続いています。

 

今週は週半ばに実家&母の入所先の施設へ。

兵庫県も今月11日まではまだまん延防止措置の中にあるので

母の暮らす施設への立ち入りはできなくて、

母から「持ってきて」と頼まれた品を玄関でスタッフさんに手渡しし

母に会うことはかなわないのですが、電話での会話の様子では元気そうなので安心しています。

7月7日、七夕の日にコロナワクチンの2回目を接種した母ですが

翌8日に微熱(37.4度)が出て「しんどい」と。

でもその翌日にはもう「大丈夫、腕も上がるようになった」んだそうです。

 

夫と私はご近所のかかりつけの内科でファイザー社のワクチンを打つべく

8月初めに予約を取っていたのですが(64才から60才迄のワクチンチケットがやっと送られてきたのです)予約を取って間もなく、ワクチン供給の見通しが立たなくなった、とお医者様から電話があり、一旦キャンセルということになってしまいました。

 

ワクチンを打つのも怖いけれど、打たずにいるのも怖いし、

一大決心をして予約をしたのになんだか肩透かしです。

 

さて、本日のタイトル

先日のピンクのカサブランカ(カーサブランカ=白い家 なのにピンクのカサブランカって変だけど)に続いて

f:id:hibinokurasikata:20210710013719j:plain

今はヤマユリが咲いています。

 

f:id:hibinokurasikata:20210706113830j:plain
f:id:hibinokurasikata:20210706113842j:plain

 

雨が降りそうな気配がするとユリの香りが湿気をはらんだ空気の中で一層匂い立って

なんだか嬉しくなります。

 

f:id:hibinokurasikata:20210706113836j:plain
f:id:hibinokurasikata:20210706113833j:plain

 フシグロセンノウとネジバナ

このセンノウは枝の節が黒いのでフシグロセンノウという名前なのですが

先日のお茶の花寄せのお稽古に持参しましたら皆様「ガンピ」を呼ばれていました。

正確に言うとガンピは花びらの縁に細かいギザギザが入っているのですが

このフシグロセンノウはギザギザは入っていなくて花びらの色もガンピよりは少し濃く花びらが薄い、違う品種です。

 

熱帯睡蓮も次々咲き始めました。

f:id:hibinokurasikata:20210706113846p:plain

 

睡蓮鉢に話しているメダカたち、

我が家で生まれた子メダカたちは人なれしているのか

朝、エサをやりに庭に出ると隠れることもせずまるで養殖場の魚のえさ槍の時間のように水面に集まってきて旺盛にえさを食べるんです。

動物も暮らす環境に慣れて育つんだな、とちょっと興味深いです(*^-^*)

 

今週末はお茶のお稽古枠を取っていないのでちょっとつまりません。

日曜日までは京都もまん延防止重点措置中なのですが何となく観光客の人の姿が増えてきているような印象です。

オリンピックが無観客になったのでその影響で「じゃあ京都へでも」と観光客が増えてまた感染が拡大するのじゃないかと少し気がかりです。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ

にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

紋絽の雲重ね小紋に紗の紅型の帯でお稽古に

一昨日に続き、今日もお茶のお稽古でした。

夜中、雨が降っていてその雨音がなんだかとても気になってベッドに入ってもなかなか眠れず結局、朝6時になってしまったのであきらめてベッドを出ました。

 

雨雲レーダーでは今日は正午を過ぎたあたりに雨が降る、という予想でしたけれど

出かけてから帰宅するまで雨が降らず、

湿度が高くて蒸し暑い一日になりました。


f:id:hibinokurasikata:20210704203930j:image

 

着物は 一見すると黒にも見える濃い茄子紺

紋絽の地に白と黄色で雲の柄が重なるように染められています。

この着物、裄が短いのですけれど肩と袖の間の縫い代がいっぱいなので

これ以上裄を出すことができません。

画像を撮った時には下に着ている麻の長襦袢の袖がニョッキリ(^^;)

この後、長襦袢の袖をちょこっとつまんで応急ごまかしで出かけました。

 

帯は紗の地に紅型染

ブログを見返してみると昨年の8月にも同じ組み合わせでお稽古に着て出かけていました。

この帯の紅型は色目が優しくて白地が夏らしいと思って購入しました。

 

帯揚げは薄紫の絽、撫子の柄が織り出されています。

帯締めは前回も使用したピンクのレース。

 

お稽古場はエアコンを効かせてくださっているので着物でいても快適な室温で

茶室の建具も夏仕様の簾戸なので見た目にも涼し気です。

f:id:hibinokurasikata:20210705002520j:plain

簾戸のイメージ画像です。ネットからお借りしました。

 

が、お稽古が終わって一歩外に出ると路面から湧き上がってくる熱気で

思わずお仲間と「暑いねぇ」と。

もうそれしか言葉が出てきませんでした。

 

一昨日の金曜日は奥のお稽古だったのですが

午前中、私は風炉の灰のお稽古。

神経を集中して風炉に向かって前傾姿勢で2時間、

灰のお稽古をするときはいつもそうですけれど

「精魂尽きる」という言葉がぴったりです。

そして午後からは会のメンバーが勢ぞろいしてきて

暑い中、涼やかさを、と花寄せのお稽古をしました。

暑い時で花が少ないことを心配していたのですが

それぞれが庭の花を持ち寄っていざ蓋を開けてみると花・花・花

選ぶのに迷うという嬉しい誤算でした。

 

f:id:hibinokurasikata:20210705003552j:plain

私が通っているお稽古場の画像ではありません、花寄せの参考画像です。

 

梅雨が明けるまであと2週間ほどでしょうか?

熱海の土石流の模様をニュースで見て自然災害の怖さを改めて感じる今週でした。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ

にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

素敵なケーキ屋さん、パティスリー ミャーゴラ

我が家からさほど遠くない商店街を少し住宅街に入ったところに

小さなケーキ屋さんがあります。

気を付けていないと気が付かずに通り過ぎてしまうような

間口の小さなかわいいお店。

外にフランスの国旗、それが目印です。

 

パティスリー ミャーゴラ 

ミャーゴラって? イタリア語で猫の鳴き声をそう表現するんだそうです。

 

f:id:hibinokurasikata:20210619012229j:plain

 

先日、買い物帰りに甘いものが欲しくなって立ち寄りました。

若い男性が一人でやっているお店でSNSやテレビなどでもよく紹介されているんだそうです。(割と近くなのにそんなに有名って知らなかったわ・汗)

 

patisserie-miagola.kyoto

 

ケーキ屋さんだけどショーウィンドウはありません。

カウンターの上にその日のラインナップが並ぶだけ(もちろん作り物の見本ですよ)

 

f:id:hibinokurasikata:20210619012238j:plain

f:id:hibinokurasikata:20210619012213j:plain

 

店内のニッチな棚には仏像のフィギュアがさりげなく飾られていて

仏像好きな私は選んだケーキを包んでもらっている間(シュークリームもお願いしたのですがシュークリームは注文のたびにカスタードをこねてシューに詰めるので少し時間がかかります)に目が釘付け。

とてもクオリティの高いフィギュアだったので思わずどこで手に入れられたか聞いてしまいました。(原宿にお店のあるイスムっていう仏像専門のフィギュアのショップだそうです)

 

店内に置かれた仏像を見ているうちにシュークリームも出来上がり

「シュークリームは出来るだけ早く食べてくださいね、サクサク感がどんどんなくなるので」の言葉と共にお願いしたケーキの箱を渡されました。

 

さて、選んだケーキは

 

f:id:hibinokurasikata:20210619012222j:plain

リモーネと見本には並んでなかったけど

「今日はこれもありますよ」と見せてくれたキンカンのケーキ。

あぁ、もう、なんて素敵でかわいいビジュアル

これって絶対女子は好きでしょ。

 

うちに帰ってすぐにシュークリームはお腹の中へ。

そして上の画像のケーキは夕食後のデザートにいただきました。

 

実家の片付けや母に関する様々な手続きがまだ残っているので相変わらず

京都と実家を行き来している生活の中でほっとする時間です。

 

明日は月に一度の時別なお稽古、奥の稽古日です。

灰のお稽古の順番月なので朝9時から午後6時頃までの長丁場。

(午前中、灰を作り、午後は点前)

そんなわけで明日は洋服でお稽古に行く予定です。

着物が着られないのはちょっぴり残念。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 60代主婦へ

にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村